第110回:マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編)

2015.07.24 水野和敏的視点

「おもてなし」を忘れずに

新型「マツダ・ロードスター」は、このところさまざまなメディアで、もう何度となく取り上げられていますから、読者の方々の中にはもしかすると「またか……」とお感じの方もいるかもしれません。

しかし、2015年の日本のスポーツカー市場を見ていくうえで、新型ロードスターは「ホンダS660」と同様に欠かすことのできないクルマですから、当連載でも一度、きっちりとテストしたいと考えています。今回と次回の2回にわたり、新型ロードスターを“水野和敏的視点”でじっくり分析していきたいと思います。

今回テストするのは、トルセンLSDやリアスタビライザーなどが標準装備となる中間的なグレード「Sスペシャルパッケージ」です。エンジンは新開発の1.5リッター自然吸気エンジン(131ps、15.3kgm)で、トランスミッションについては6段MTと6段ATから選ぶことができますが、今回はもちろん6段MTを選択しました。

さて、実車に接してまず感心したのは、ソフトトップの開閉作業が実に簡単、かつ楽なことです。運転席に座っていても、片手で軽々と操作できます。ことさら高価な部品を使っているわけでもなく、創意工夫でこのスムーズさを実現していて、「日本のクルマ作り」というものを感じさせます。うれしくて、つい何度も開け閉めしてしまいます!

一方で、オープンカーだというのに、センターコンソールにUSB端子が2つ、むき出しのまま設置されているのは気になります。突然の雨に遭遇したとき、これで大丈夫なのでしょうか。ちなみに、前回テストした「ホンダ・ステップワゴン」の端子にはカバーが付いていました。

オープンカーというのは室内に雨が吹き込むこともあるクルマなのです。また、仮に車両側の端子に問題がなかったとしても、そこにつなぐ端子や機器に水滴がついてダメージをこうむることもあるわけです。もう少し、相手の接続機器の保護のことまで考える配慮がほしいところですね。それが「日本のおもてなし」というものだし、そういった製品作りこそが、真の国際競争力となっていくはずだからです。「おもてなしの概念は日本人の強み」ですから……。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • 第182回:細かいことは忘れよう! 2020.6.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第182回は「細かいことは忘れよう!」。マイナーチェンジ後の「マツダ・ロードスター」にリベンジ試乗。完璧すぎたフィーリングに違和感!? カーマニアがスポーツカーに求める、あるべき姿とは?
  • 技術はあれど成功ならず 2代目「ホンダNSX」はなぜ短命に終わるのか? 2021.8.23 デイリーコラム 2022年の生産終了が決まった、ホンダの高性能スポーツカー「NSX」。今の時代に求められるであろう先進のハイブリッド技術を持ちながら、商業的に成功できなかったのはなぜなのか? その要因についてリポートする。
  • マツダが「ロードスター」「ロードスターRF」のカラーバリエーションを拡充 2020.12.10 自動車ニュース マツダは2020年12月11日、オープントップスポーツ「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良し、販売を開始した。今回は主に内外装のカラーバリエーション拡充を図っている。
  • 第110回:マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編) 2015.7.24 水野和敏的視点 「日産GT-R」の生みの親・育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「マツダ・ロードスター」を取り上げる。
ホームへ戻る