フェラーリ、488スパイダーの概要を発表【フランクフルトショー2015】

2015.07.29 自動車ニュース
「フェラーリ488スパイダー」
「フェラーリ488スパイダー」 拡大

【フランクフルトショー2015】フェラーリが「488スパイダー」の概要を発表

伊フェラーリは2015年7月28日、同年9月に開催されるフランクフルトモーターショーで、「フェラーリ488スパイダー」を世界初公開すると発表した。

フェラーリ488スパイダーは、V8エンジンをミドシップ搭載した「488GTB」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープンモデルである。ハードトップは2分割式で、オープン時には重なり合いながらキャビンの後方に格納される。開閉に要する時間はわずか14秒という。

また、オープンボディーでも高い車体剛性を確保するため、スペースフレームシャシーには、マグネシウムをはじめとした非腐食性金属を組み合わせた11種類の異なるアルミニウム合金を採用。クーペモデルと同等のねじり剛性とビーム剛性を実現している。

パワーユニットは基本的に488GTBと共通で、670ps/8000rpmの最高出力と77.5kgm/3000rpmの最大トルクを発生する3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載。これに7段デュアルクラッチ式ATを組み合わせている。

空力性能についても488GTBと同じく、ドラッグの発生を抑えつつダウンフォースを確保する「ブロウンスポイラー」や、ボディー下部に流れる空気に過流を与えるボーテックスジェネレーターを用いることで、「これまでのフェラーリ・スパイダーモデルの中で最もエアロダイナミクスに優れたモデル」となったという。

これらの技術の採用により488スパイダーは0-100km/h加速が3.0秒、0-200km/h加速が8.7秒、最高速は325km/h以上という動力性能を実現している。

(webCG)

→「フェラーリ488スパイダー」の写真はこちら
 

関連キーワード:
488スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る