フェラーリ、488スパイダーの概要を発表【フランクフルトショー2015】

2015.07.29 自動車ニュース
「フェラーリ488スパイダー」
「フェラーリ488スパイダー」 拡大

【フランクフルトショー2015】フェラーリが「488スパイダー」の概要を発表

伊フェラーリは2015年7月28日、同年9月に開催されるフランクフルトモーターショーで、「フェラーリ488スパイダー」を世界初公開すると発表した。

フェラーリ488スパイダーは、V8エンジンをミドシップ搭載した「488GTB」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープンモデルである。ハードトップは2分割式で、オープン時には重なり合いながらキャビンの後方に格納される。開閉に要する時間はわずか14秒という。

また、オープンボディーでも高い車体剛性を確保するため、スペースフレームシャシーには、マグネシウムをはじめとした非腐食性金属を組み合わせた11種類の異なるアルミニウム合金を採用。クーペモデルと同等のねじり剛性とビーム剛性を実現している。

パワーユニットは基本的に488GTBと共通で、670ps/8000rpmの最高出力と77.5kgm/3000rpmの最大トルクを発生する3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載。これに7段デュアルクラッチ式ATを組み合わせている。

空力性能についても488GTBと同じく、ドラッグの発生を抑えつつダウンフォースを確保する「ブロウンスポイラー」や、ボディー下部に流れる空気に過流を与えるボーテックスジェネレーターを用いることで、「これまでのフェラーリ・スパイダーモデルの中で最もエアロダイナミクスに優れたモデル」となったという。

これらの技術の採用により488スパイダーは0-100km/h加速が3.0秒、0-200km/h加速が8.7秒、最高速は325km/h以上という動力性能を実現している。

(webCG)

→「フェラーリ488スパイダー」の写真はこちら
 

関連キーワード:
488スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
ホームへ戻る