レクサスRCに2リッターターボの200tが登場

2015.09.17 自動車ニュース
「レクサスRC200t“Fスポーツ”」
「レクサスRC200t“Fスポーツ”」 拡大

「レクサスRC」に2リッターターボの「200t」が登場

トヨタ自動車は2015年9月17日、「レクサスRC」に「200t」を追加設定するとともに、「RC350」「RC300h」に一部改良を実施し、同年10月1日に発売すると発表した。

新色の「ソニッククォーツ」が採用された「200t“バージョンL”」。
新色の「ソニッククォーツ」が採用された「200t“バージョンL”」。 拡大

RC200tは、最高出力245ps/5800rpm、最大トルク35.7kgm/1650-4400rpmを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した新グレードである。このエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブ機構「Dual VVT-iW」、「D-4ST」と呼ばれる直接燃料噴射機構などの技術を採用したもので、トランスミッションは8段ATを組み合わせている。

またハンドリング特性をシャープにするため、フロントパフォーマンスダンパーを標準装備。「Fスポーツ」には左右後輪の駆動トルクを適切に配分するトルセンLSDや、専用のオレンジブレーキキャリパーをオプション設定している。JC08モード計測による燃費は13.0km/リッター。

同時に、「RC350“Fスポーツ”」にフロントパフォーマンスダンパー、トルセンLSD、“Fスポーツ”専用オレンジブレーキキャリパーをオプション設定。ボディーカラーには「ソニッククォーツ」(“Fスポーツ”では選択不可)を追加し、全10色の設定とした。

価格は以下の通り。
・RC200t:521万円
・RC200t“バージョンL”:585万円
・RC200t“Fスポーツ”:583万円
・RC300h:565万円
・RC300h“バージョンL”:629万円
・RC300h“Fスポーツ”:627万円
・RC350:596万円
・RC350“バージョンL”:660万円
・RC350“Fスポーツ”:678万円

(webCG)
 

 

関連キーワード:
RC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス RC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • 「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」登場 台数60台限定の特別仕様車も設定 2020.6.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月18日、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」を同年7月15日に発売すると発表した。同時に特別仕様車「“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”」も設定し、台数60台の限定で販売する。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
ホームへ戻る