レクサスLS、ボディー剛性やナビの機能性が向上

2015.09.25 自動車ニュース
ボディーカラーに新色のソニッククォーツが採用された「レクサスLS600h“バージョンL”」。
ボディーカラーに新色のソニッククォーツが採用された「レクサスLS600h“バージョンL”」。 拡大

「レクサスLS」一部改良 ボディー剛性やナビの機能性など向上

トヨタ自動車は2015年9月25日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS460」「LS460L」「LS600h」「LS600hL」を一部改良し、発売した。

「LS600h“バージョンL”」
「LS600h“バージョンL”」 拡大

今回の一部改良では、12.3インチワイドディスプレイに地図の全画面表示ができるようにしたほか、画面の右側に簡易操作画面を設定することで操作性を向上させた。

また、ナビゲーションシステムにはLTE方式の通信モジュールを採用。通信の高速化と、音声&データの同時通信を実現した。VICS WIDEにも対応している。
リモートタッチについては、新たに操作ボタンを追加し、操作性を高めた。

このほか、従来のスポット溶接よりも溶接打点の間隔を詰められるレーザースクリューウェルディングの範囲と、ボディーを面で結合する構造用接着剤の採用範囲をともに拡大することでボディー剛性を強化。優れた操縦安定性を実現したという。

ボディーカラーは、ソニッククォーツを新たに加えた全11色の設定とした。

ラインナップと価格は以下の通り。
・LS460(FR):854万8000円
・LS460(AWD):906万3000円
・LS460“バージョンC”(FR):896万円
・LS460“バージョンC”(AWD):947万4000円
・LS460“バージョンC・Iパッケージ”(FR):921万7000円
・LS460“バージョンC・Iパッケージ”(AWD):973万1000円
・LS460“Fスポーツ”(FR):1015万1000円
・LS460“バージョンL”(FR):1060万5000円
・LS460“バージョンL”(AWD):1112万円

・LS460L(FR):1163万4000円
・LS460L(AWD):1214万8000円
・LS460L“エグゼクティブパッケージ(5人乗り)”(FR):1297万1000円
・LS460L“エグゼクティブパッケージ(5人乗り)”(AWD):1348万5000円
・LS460L“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”(FR):1297万1000円
・LS460L“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”(AWD):1348万5000円

・LS600h(AWD):1081万1000円
・LS600h“バージョンC”(AWD):1122万3000円
・LS600h“バージョンC・Iパッケージ”(AWD):1148万円
・LS600h“Fスポーツ”(AWD):1272万2000円
・LS600h“バージョンL”(AWD):1286万8000円

・LS600hL(AWD):1410万2000円
・LS600hL“エグゼクティブパッケージ(5人乗り)”(AWD):1595万4000円
・LS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”(AWD):1595万4000円

(webCG)
 

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • トヨタが最新の高度運転支援機能「アドバンストドライブ」発表 「レクサスLS」「トヨタ・ミライ」から搭載 2021.4.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年4月8日、高度運転支援機能「アドバンストドライブ」の情報を公開するとともに、同機能を搭載する「レクサスLS」を同日に、「トヨタ・ミライ」を同年4月12日に発売すると発表した。
  • BMWアルピナXB7 2021.3.25 画像・写真 独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2021年3月25日、「BMWアルピナXB7」を国内初披露した。最高出力621PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載したアルピナの新たなフラッグシップSUVの姿を写真で紹介する。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る