東京モーターショー2015

スバル、XVにレーダー式の予防安全装備を採用

2015.10.06 自動車ニュース
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」 拡大

スバルが「XV」にレーダー式の予防安全装備を採用

富士重工業は2015年10月6日、大幅改良を実施した「スバルXV/XVハイブリッド」を、スバルのオフィシャルサイトで公開した。第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)のプレスデイにおいて正式発表する。

ガソリン車用の17インチアルミホイール。
ガソリン車用の17インチアルミホイール。 拡大
XV 2.0i-L EyeSight」のインテリア。
「XV 2.0i-L EyeSight」のインテリア。 拡大
「アドバンスドセイフティパッケージ」の解説。
「アドバンスドセイフティパッケージ」の解説。 拡大
「スバルリヤビークルディテクション」のLEDインジケーターの点灯イメージ。
「スバルリヤビークルディテクション」のLEDインジケーターの点灯イメージ。 拡大
「XV 2.0i-L EyeSight」。ボディーカラーは新色の「ハイパーブルー」。
「XV 2.0i-L EyeSight」。ボディーカラーは新色の「ハイパーブルー」。 拡大
新色の「ダークブルー・パール」。
新色の「ダークブルー・パール」。 拡大

■フロントマスクを中心に外観デザインを変更

今回の改良は、内外装デザインの変更と安全装備の強化が中心となっている。エクステリアではヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーの意匠を変更。フロントまわり全体でワイド感と安定感を表現したという。またガソリン車では、17インチアルミホイールのデザインをより躍動感のあるものに変更したほか、上級グレードの「2.0i-L EyeSight」にサンルーフをオプション設定。ボディーカラーに「ハイパーブルー」「ダークブルー・パール」の新色2色を採用した。

一方インテリアでは、各部にピアノブラック調パネルと金属調の装飾パーツを採用。コントラストを強調することで、上質感のある車内空間を実現したという。シートのデザインも変更しており、サイド部分にアクセントとなる生地を追加したほか、ガソリン車ではオレンジ、ハイブリッド車ではシルバーのステッチを施した。

■レーダーによる後側方の警戒機能を追加

安全装備については、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを全車標準装備としたほか、予防安全システムの「アドバンスドセイフティパッケージ」を新たにオプション設定した。

アドバンスドセイフティパッケージはレーダーシステムによる車両後側方の警戒機能やオートハイビームなどの機能をセットにしたものである。具体的な機能は以下の通り。

<スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)>
・死角検知機能
ドアミラーでは見えにくい、自車の斜め後方の車両をレーダーで検知。ドアミラーに付いているLEDインジケーターを点灯、点滅させることでドライバーに注意を促す。

・車線変更支援
隣車線を後方から急接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラーのLEDインジケーターを点灯、点滅させることでドライバーに注意を促す。

・後退時支援
駐車場から出庫する際など、後退中に左右から接近してくる車両をレーダーで検知。衝突の危険性がある場合、ドアミラーのLEDインジケーターを点滅させるとともに警告音を発し、ドライバーに注意を促す。

<ハイビームアシスト(自動防眩[ぼうげん]インナーミラー付き)>
ルームミラーの裏側に備えられたモノラルカメラで先行車や対向車を検知。ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える。

ラインナップと価格は以下の通り。

XV
・2.0i:228万9600円
・2.0i EyeSight:239万7600円
・2.0i-L EyeSight:259万2000円

XVハイブリッド
・2.0i:257万400円
・2.0i EyeSight:267万8400円
・2.0i-L EyeSight:286万2000円

(webCG)

関連キーワード:
XV, XVハイブリッド, スバル, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目 2021.4.19 デイリーコラム スバルの新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」が米国でデビュー。その一方で、かの地で先行発売された新型「アウトバック」の国内販売がみえてきた。これら2モデルの注目すべきポイントとは?
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る