東京モーターショー2015

ルノー、新型トゥインゴを日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.08 自動車ニュース
新型「ルノー・トゥインゴ」
新型「ルノー・トゥインゴ」 拡大

【東京モーターショー2015】ルノー、新型「トゥインゴ」を日本初公開

ルノー・ジャポンは2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)の出展概要を発表した。

「ルーテシア ルノースポール トロフィー」
「ルーテシア ルノースポール トロフィー」 拡大
「メガーヌ ルノースポール CUP-S」
「メガーヌ ルノースポール CUP-S」 拡大
「ルーテシア インテンス」
「ルーテシア インテンス」 拡大
「カングー ゼン」
「カングー ゼン」 拡大

■ルノースポールの最新モデルも出品

今回の東京モーターショーにおいて、ルノーは6モデル7台の展示を予定。ブースはルノーが採用している世界共通のデザインコンセプトにのっとったもので、Bump(バンプ)と呼ばれる丘状のフロアと「人生のライフステージをカラーの変化で表現する」というボール状のシーリングライトが特徴となっている。また、ブース正面の壁には5.2m×8.5mの巨大スクリーンを設置し、ルノーの世界観を動画で表現するという。

展示車両としては、今回が日本初公開となる新型「トゥインゴ」や、ルノースポール・シリーズの最新モデルである「ルーテシア ルノースポール トロフィー」「メガーヌ ルノースポール CUP-S」などを予定。新型トゥインゴについては、ボディーワークが持ち上がり、インテリアとエンジンの様子が見えるようになる車体構造の動的展示も予定している。

これらを含む、展示車両は以下の通り。
・新型トゥインゴ(2色/2台)
・ルーテシア インテンス
・ルーテシア ルノースポール トロフィー(特別色「ブラン ジーヴル ナクレ マット」)
・キャプチャー インテンス
・カングー ゼン
・メガーヌ ルノースポール CUP-S

(webCG)
 

関連キーワード:
トゥインゴ, ルーテシアR.S., メガーヌR.S., ルノー, 東京モーターショー2015, イベント, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る