東京モーターショー2015

ルノー、新型トゥインゴを日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.08 自動車ニュース
新型「ルノー・トゥインゴ」
新型「ルノー・トゥインゴ」 拡大

【東京モーターショー2015】ルノー、新型「トゥインゴ」を日本初公開

ルノー・ジャポンは2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)の出展概要を発表した。

「ルーテシア ルノースポール トロフィー」
「ルーテシア ルノースポール トロフィー」 拡大
「メガーヌ ルノースポール CUP-S」
「メガーヌ ルノースポール CUP-S」 拡大
「ルーテシア インテンス」
「ルーテシア インテンス」 拡大
「カングー ゼン」
「カングー ゼン」 拡大

■ルノースポールの最新モデルも出品

今回の東京モーターショーにおいて、ルノーは6モデル7台の展示を予定。ブースはルノーが採用している世界共通のデザインコンセプトにのっとったもので、Bump(バンプ)と呼ばれる丘状のフロアと「人生のライフステージをカラーの変化で表現する」というボール状のシーリングライトが特徴となっている。また、ブース正面の壁には5.2m×8.5mの巨大スクリーンを設置し、ルノーの世界観を動画で表現するという。

展示車両としては、今回が日本初公開となる新型「トゥインゴ」や、ルノースポール・シリーズの最新モデルである「ルーテシア ルノースポール トロフィー」「メガーヌ ルノースポール CUP-S」などを予定。新型トゥインゴについては、ボディーワークが持ち上がり、インテリアとエンジンの様子が見えるようになる車体構造の動的展示も予定している。

これらを含む、展示車両は以下の通り。
・新型トゥインゴ(2色/2台)
・ルーテシア インテンス
・ルーテシア ルノースポール トロフィー(特別色「ブラン ジーヴル ナクレ マット」)
・キャプチャー インテンス
・カングー ゼン
・メガーヌ ルノースポール CUP-S

(webCG)
 

関連キーワード:
トゥインゴ, ルーテシアR.S., メガーヌR.S., ルノー, 東京モーターショー2015, イベント, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る