クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第322回:日産は自動運転に本気です!
「IDSコンセプト」に見る次世代モビリティー

2015.11.01 エディターから一言 工藤 考浩
東京モーターショー2015に出展された「日産IDSコンセプト」。
東京モーターショー2015に出展された「日産IDSコンセプト」。 拡大

2015年10月28日、日産自動車は第44回東京モーターショーの会場で、自動運転技術を盛り込んだ電気自動車(EV)「IDSコンセプト」を発表した。その技術的な特徴や開発の課題など、日産の取り組みをリポートする。 

自動運転技術を搭載する「IDSコンセプト」の説明会は、東京モーターショーに先駆けて、日産の先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で行われた。写真は、EV「リーフ」をベースにした「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」の自動運転実験車両。
自動運転技術を搭載する「IDSコンセプト」の説明会は、東京モーターショーに先駆けて、日産の先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で行われた。写真は、EV「リーフ」をベースにした「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」の自動運転実験車両。 拡大
自動運転技術の開発体制について説明する、日産の浅見孝雄専務執行役員。
自動運転技術の開発体制について説明する、日産の浅見孝雄専務執行役員。 拡大
「IDSコンセプト」のサイドビュー。Bピラーはなく、ドアは観音開きになっている。
「IDSコンセプト」のサイドビュー。Bピラーはなく、ドアは観音開きになっている。 拡大

2020年には街で乗れる

IDSコンセプトは「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」という、日産が目指す自動運転のコンセプトから生まれた。

2013年8月、日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOは「2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する」と宣言した。
その後「2015年度中に商用車を含めたほぼ全てのカテゴリーでエマージェンシーブレーキを採用する」と明言し、2015年10月29日には「高速道路から一般道までの自動運転が可能な実験車両での公道テストを開始した」と発表。自動運転に向けたさまざまな取り組みが行われている。

自動運転の実用化には、技術的な面もさることながら、法律上解決すべき問題も残されているが、日本政府も2020年の自動運転実用化を目指し、特区制度を活用した実証実験などを積極的にバックアップし始めたようだ。
事がうまく運べば、東京オリンピックまでに自動運転のタクシーが東京都内を走ることになるのだろう。まさしく近未来である。

そんな中で今回発表されたIDSコンセプトには、日産は自動運転をどうあるべきだと考えているのか、自動運転技術をどのように進化させていきたいのか、そのメッセージが込められているように感じた。

日産 の中古車

乗り方にあわせてトランスフォーム!?

「運転は、しなくて済むのならしたくない」という考え方の人は、たぶん世の中に多いのだろうが、それでも「運転するのが好き好き派(以下、運好派)」も一定数いるはずだ。きっと、『webCG』にアクセスして、今この記事を読んでくださっているあなたもこの一派だろう。わが同士よ!

果たして自動運転が実用化すると、われわれ運好派は異教徒のように迫害され、自由を奪われてしまうのだろうか。

「いや、そうではない」と日産は考えてくれているようだ。
IDSコンセプトは、AI(人工知能)を使った自動運転で走行するPDモード(パイロットドライブ)と、自分で運転を楽しめるMDモード(マニュアルドライブ)を備えている。そして、このモードを切り替えると、インテリアまでそれに応じて切り替わるのだ。

PDモードの場合、普通のクルマではステアリングホイールが置かれている部分に、タブレット端末のようなインターフェイスがあり、これを操作して目的地を設定し、あとは自動で運んでもらう。4つあるシートも、乗員同士が会話しやすいように内向きに配置され、くつろいだスタイルで移動できる。
MDモードにすると、室内はトランスフォーム。タブレット端末は変身ロボのように姿を変えて、ステアリングホイールとなる。フロアにはスロットルとブレーキペダルが生えだし、シートも真っすぐ前を向く。

もちろんMDモードの際にも各種の安全装備は仕事を続け、ドライバーを補佐してくれる。
運好派にとっては、例えば都内から箱根の麓まではPDモードで仕事に集中しながら移動し、1時間だけMDモードでワインディングロードを楽しんで、帰りはまたPDモードで仕事……などという使い方ができるのだ。何とすてきなのでしょう。
想像していたら今すぐ欲しくなってきた。

「IDSコンセプト」のインテリア。写真は自動運転で走行する「PDモード」選択時のもの。


	「IDSコンセプト」のインテリア。写真は自動運転で走行する「PDモード」選択時のもの。
	拡大
「PDモード」では、4つの座席が車体内側へと向きを変える。
「PDモード」では、4つの座席が車体内側へと向きを変える。 拡大
ドライバーが自ら運転する「MDモード」をセレクトすると、ドライバー正面のディスプレイはステアリングホイールへと姿を変える。
ドライバーが自ら運転する「MDモード」をセレクトすると、ドライバー正面のディスプレイはステアリングホイールへと姿を変える。 拡大
会場では、さまざまな先端技術の解説も行われた。写真は「IDSコンセプト」も対応が想定されている非接触型の充電設備。車体の下に見えているのが、非接触充電用のプレートだ。
会場では、さまざまな先端技術の解説も行われた。写真は「IDSコンセプト」も対応が想定されている非接触型の充電設備。車体の下に見えているのが、非接触充電用のプレートだ。 拡大

「意思の疎通」が大きな課題

こんな風に、自動運転というとバラ色な未来的に捉えてしまいがちだが、自動運転が実用化されて困ることは、全くないのだろうか?

例えば、プログラムのバグによって、前を走る上司が乗ったクルマをあおってしまったり、あるいはシステムがハッキングされて、歯医者や税務署など、筆者が行きたくないようなところに連れて行かれたり……などなど、最悪の状況も想像してしまうのだが、問題点はもっと身近なところにあるらしい。

それは、「歩行者との意思疎通」だというのだ。
街の中で歩行者や自転車は、ドライバーのしぐさや表情を見て横断歩道を渡るなどの判断をしていることが多いと、専門家は話す。確かに、私も歩いている時はドライバーとアイコンタクトをとって、自分を認識しているかどうか判断している。
ところが自動運転では、そもそも運転者不在なので、このクルマがこちらに気づいているかどうかを知るすべがないのだ。

なるほど、それは困る。
そこでIDSコンセプトには、ボディーを囲むように、光るラインを設けた。車両が歩行者や自転車を認識すると、「あなたを見てますよ」と示すように、相手がいる方向のラインが白く光る。そして「おさきにどうぞ」とライン全体を青く発光させるのだ。
ただ、この合図は、その意味が社会に浸透しなければ用をなさない。なので、IDSコンセプトはフロントガラス下に電光掲示板で「おさきにどうぞ」という文字を表示し、青い光の意味を補完する。
この文字、正直「ちょっとカッコ悪いな」と思ったが、わかりやすさというのも大切だ。

自動運転が社会に溶け込むまでのプロセスを考えているという点で、IDSコンセプトは新しい提案をしているように思う。
テレビCMで矢沢永吉が「やっちゃえ」なんて言っているが、日産はかなり本気で自動運転をやっちゃおうとしているに違いない。
IDSコンセプトからはそんな本気さが見えてくる。

(文=工藤考浩/写真=工藤考浩、日産自動車、webCG)
 

「IDSコンセプト」のインテリア。ドライバーが運転する「MDモード」を選択すると、ペダル類が“生えて”くる。
「IDSコンセプト」のインテリア。ドライバーが運転する「MDモード」を選択すると、ペダル類が“生えて”くる。 拡大
 
第322回:日産は自動運転に本気です!「IDSコンセプト」に見る次世代モビリティーの画像 拡大
「IDSコンセプト」のキャビン前方には、歩行者に対して意思を伝えるための「メッセージ・ディスプレイ」が搭載される。
「IDSコンセプト」のキャビン前方には、歩行者に対して意思を伝えるための「メッセージ・ディスプレイ」が搭載される。 拡大
「IDSコンセプト」
「IDSコンセプト」 拡大
技術説明会では、EVのバッテリーから建物に電力を供給するシステムも紹介された。ピーク時の電気使用量で料金が決まる電気料金を抑制するため、電力消費のピーク時にEV「リーフ」からビルに給電し、それ以外の時はリーフへと充電する。退社時には満充電の状態になるため、従業員にとってもうれしいシステムだという。
技術説明会では、EVのバッテリーから建物に電力を供給するシステムも紹介された。ピーク時の電気使用量で料金が決まる電気料金を抑制するため、電力消費のピーク時にEV「リーフ」からビルに給電し、それ以外の時はリーフへと充電する。退社時には満充電の状態になるため、従業員にとってもうれしいシステムだという。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 の中古車
関連キーワード
日産
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。