“地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場

2015.12.02 自動車ニュース

“地球”をイメージした特別な「フィアット・パンダ4×4」が登場

FCAジャパンは2015年12月2日、特別仕様車「フィアット・パンダ4×4 Terra(テッラ)」を発表した。同年12月12日より80台限定で販売する。


パンダ4×4はフィアットのコンパクト車「パンダ」をベースとしたSUVモデルである。現行モデルとなってからは、これまでに3度にわたり日本で限定販売されており、今回のパンダ4×4テッラは第4弾の導入モデルとなる。

今回のモデルの特徴はボディーカラーで、「スイートキャンディー ベージュ」(限定50台)と「ヴェネチアンブルー」(限定30台)の2色が用意される。アースカラーであるこの2色のボディーカラーが、イタリア語で「地球」を意味する「テッラ」の由来となっている。

なお、スイートキャンディー ベージュはパンダ4×4に初めて採用される。

価格は255万9600円。

(webCG)
 

「フィアット・パンダ4×4テッラ」
「フィアット・パンダ4×4テッラ」 拡大
「パンダ4×4」としては今回が初採用となるボディーカラー「スイートキャンディー ベージュ」。
「パンダ4×4」としては今回が初採用となるボディーカラー「スイートキャンディー ベージュ」。 拡大

「ヴェネチアンブルー」の「4×4」は30台が販売される。


	「ヴェネチアンブルー」の「4×4」は30台が販売される。
	拡大
「パンダ4×4テッラ」のインテリア。
「パンダ4×4テッラ」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4 ROCK 1.3 16V マルチジェット(4WD/5MT)【試乗記】 2013.12.2 試乗記 4WDシステムとディーゼルエンジンを備えた、道を選ばぬ「フィアット・パンダ」に試乗。シリーズの究極形「パンダ4×4 マルチジェット」はどんな走りを見せるのか。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
ホームへ戻る