スバルとSTIはコンセプトモデル含む8台を出展【東京オートサロン2016】

2015.12.24 自動車ニュース

【東京オートサロン2016】スバルとSTIはコンセプトモデル含む8台を出展

富士重工業は2015年12月24日、同社のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)にコンセプトカーやレーシングカーを出展すると発表した。

STI Performance Concept
STI Performance Concept 拡大

ブースには、量産車をベースとした、以下3台のコンセプトモデルが展示される。

【STI Performance Concept】
STI製サスペンション、ブレーキ、内外装部品などを一台のコンセプトカーとして提示することで、STIのパーツビジネスとコンプリートカービジネスを具体化したモデル。SUPER GT用のEJ20型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されている。

【レヴォーグSTI CONCEPT】
従来の「S」シリーズや「tS」シリーズといったSTIのコンプリートカーとは異なる、「STIブランドが持つスポーティーなイメージと上質な内外装を融合した身近なSTI」という、新たな価値を表現したコンセプトモデル。
ボディーカラーは「WRブルー・パール」で、専用のフロントマスクやSTI製18インチアルミホイールなどでドレスアップされる。インテリアはボルドー/ブラックのツートンカラー仕立てで、専用の加飾を施すことにより上質感も演出。しなやかな乗り心地とシャープなハンドリングを両立させるべく、STI専用チューニングダンパーもおごられる。

【スバルXVハイブリッドSTI CONCEPT】
XVハイブリッドのスポーティー&カジュアルなデザインや、ハイブリッドによる軽快な走りに、STIブランドのスポーティーさを融合させたとされるコンセプトモデル。
エクステリアは、「クオーツホワイト・シリカ」のボディーカラーにオレンジのアクセント色を添えて、アクティブかつスポーティーなイメージを演出。インテリアはオレンジ&ベージュを加えた専用仕立てで、STIらしさを踏まえつつポップなイメージに仕上げたという。
ステアリングホイール上に出力特性を切り替えるSI-DRIVEの「S♯(スポーツシャープ)モード」スイッチが与えられる。

このほか、2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦を予定している「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」や、SUPER GTに参戦する「スバルBRZ GT300 2016」など、5台のモータースポーツ参戦予定車が展示される。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, BRZ, XV, スバル, 東京オートサロン2016, イベント, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(後編) 2021.3.14 思考するドライバー 山野哲也の“目” 前編では「接地感が理想に近づいた」と新型「スバル・レヴォーグ」を絶賛したレーシングドライバーの山野哲也。後編では話がステアリングフィールにおよんだところ「それにしても……」と山野が首をかしげる。どうやら進化の幅が想像を大きく超えていたようだ。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編) 2021.3.7 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が新型「スバル・レヴォーグ」に試乗。新開発の1.8リッターフラット4ターボエンジンやブランド初となる減衰力可変式サスペンションなどを備えた国産スポーツワゴンの雄を、山野はどうジャッジするのだろうか。
ホームへ戻る