トヨタがヴォクシー、ノアなどを一部改良

2016.01.06 自動車ニュース
トヨタ・ヴォクシーZS(ハイブリッド車)
トヨタ・ヴォクシーZS(ハイブリッド車) 拡大

トヨタが「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を一部改良

トヨタ自動車は2016年1月6日、「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を一部改良するとともに、エアロ仕様のハイブリッド車「ヴォクシーZS」「ノアSi」、およびエスクァイアの特別仕様車「エスクァイアGi“Black-Tailored”」を追加し、同日発売した。

ヴォクシーZS(ハイブリッド車)のインテリア。
ヴォクシーZS(ハイブリッド車)のインテリア。 拡大
トヨタ・ノアSi(ハイブリッド車)
トヨタ・ノアSi(ハイブリッド車) 拡大
ノアSi(ハイブリッド車)のリアビュー。
ノアSi(ハイブリッド車)のリアビュー。 拡大
トヨタ・エスクァイアGi“Black-Tailored”
トヨタ・エスクァイアGi“Black-Tailored” 拡大
エスクァイアGi“Black-Tailored”のインテリア。
エスクァイアGi“Black-Tailored”のインテリア。 拡大

■「Toyota Safety Sense C」を採用

今回の一部改良では、「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」をセットにした「Toyota Safety Sense C」を設定した。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とした。

加えて、小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を全外板色に採用し、新車時の光沢とカラーの長期維持に寄与している。

■ヴォクシーとノアのハイブリッド車にエアロ仕様を追加

また、ヴォクシーとノアのハイブリッド車にエアロ仕様のヴォクシーZS、およびノアSiを追加設定した。フロント大型バンパー(メッキ加飾)やフロントフェンダーをはじめとした専用エアロパーツに加え、専用16インチ鍛造アルミホイールにより、スポーティー感を演出している。車両価格はともに322万9200円。

■エスクァイアに高級感を高めた特別仕様車を追加

さらに、エスクァイアに特別仕様車、Gi“Black-Tailored”を設定した。「Gi」をベースに、ブラックを基調とした内外装デザインを採用している。

具体的には、ダークメッキを施したフロントグリルやフロントフォグランプベゼルに加え、スモークメッキを施したボンネットモールやリアガーニッシュを特別装備するなど、より高級感を演出したエクステリアとしている。

インテリアは、ルーフやピラーガーニッシュをブラックとするとともに、助手席オーナメントやドアトリムオーナメントにアクセントとしてピンキッシュゴールドを施したほか、専用のシート表皮(合成皮革)を採用するなど、より上質な室内空間を創出している。

また、LEDフロントフォグランプの採用や、リアオートエアコンを全車に標準装備するなど、より魅力的な仕様としたほか、外板色に特別設定色アイスチタニウムマイカメタリックを含む全5色を設定した。車両価格は295万5273円~329万5963円。

(webCG)

関連キーワード:
ノア, ヴォクシー, エスクァイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ノア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載 2020.11.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。今回は12.3インチワイドスクリーンのインフォテインメントシステムを装備するなどして内外装の質感向上を図ったほか、予防安全装備を最新バージョンにアップデートしている。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
ホームへ戻る