第115回:ボンクラ青年は彼女のクルマに乗って覚醒する
『エージェント・ウルトラ』

2016.01.22 読んでますカー、観てますカー

今年も続くスパイ映画の流れ

昨年はスパイ映画の当たり年で、『ミッション:インポッシブル』『007』という定番2大シリーズに加えて『キングスマン』『コードネームU.N.C.L.E.』という掘り出し物に出会えた。この流れはまだ終わっていないらしい。新年早々に公開された『ブリッジ・オブ・スパイ』が好評である。スティーヴン・スピルバーグ監督作品で主演がトム・ハンクスなのにあまり宣伝されなかったが、作品の質が高いことが口コミで広がっていった。

スパイ映画とはいっても、派手なアクションやカーチェイスは出てこない。冷戦期のアメリカでソ連のスパイが捕らえられ、トム・ハンクスが演じる弁護士が法廷で彼のために戦う。数年後にアメリカの偵察機U-2が撃墜されてパイロットが拘束され、スパイ交換が行われる。国が前面に出るわけにはいかないので、弁護士に運命が託されることになった。ベースとなっているのは実話である。

スピルバーグは『ジョーズ』や『インディ・ジョーンズ』のような娯楽作品を撮る一方で、『シンドラーのリスト』や『リンカーン』といった映画を製作している。使命感が動機となっている作品群で、『ブリッジ・オブ・スパイ』は明らかに後者に属する。それでも辛気くさくてつまらないということはなく、上質なサスペンスとスリリングなドラマが観客を魅了する。トム・ハンクスが貫禄を示しているのは言うまでもないが、ソ連のスパイ役のマーク・ライランスもいい味を出している。

今回紹介する『エージェント・ウルトラ』は、銃撃戦あり爆発ありのエンターテインメント作品だ。しかし、ただのバカ映画として笑っているだけではすまない。テーマにはCIAの暗い過去が刻まれている。

Photo Credit: Alan Markfield/© 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved.  
Photo Credit: Alan Markfield/© 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved.   拡大
 
第115回:ボンクラ青年は彼女のクルマに乗って覚醒する 『エージェント・ウルトラ』の画像 拡大
 
第115回:ボンクラ青年は彼女のクルマに乗って覚醒する 『エージェント・ウルトラ』の画像 拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る