クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第1回:事故の発生率が約6割も減少
アイサイト搭載車は最高ランク JNCAP予防安全性能評価の成果とこれから

クルマとともに進化する“安全”の指標 2016.02.25 スバルのアイサイトを知る 試す<PR> スバルが独自開発した運転支援システム「アイサイト」。このシステムを搭載するすべてのモデルが、予防安全性能アセスメントで最高ランクの評価「ASV+」を獲得し、話題を集めている。予防安全装備の性能をはかるこの評価制度では、どのような試験が行われているのか。自動車事故対策機構(NASVA)の担当者に話を聞いた。

2014年からJNCAPに追加されたテスト項目

スタイリング、エンジンパワー、乗り心地、ブランドなど、クルマ選びの判断基準となる要素はいろいろある。最近そこに新たな項目が加わった。自動ブレーキに代表される予防安全性能だ。ユーザーの関心は高く、ディーラーでは自動ブレーキが装備されているかという質問が増えていると聞く。

どのメーカーも安全性を強調するが、ユーザーがそれぞれの優劣を比較するのは不可能だ。店頭で実車を見ても性能の詳細はわからないし、試乗してみたところで試すわけにはいかない。だから、第三者機関がテストする必要がある。日本では国土交通省と独立行政法人の自動車事故対策機構(NASVA)が評価を行い、結果を公表している。試験の内容や基準について、NASVA自動車アセスメント部長の大森隆弘氏に話をうかがった。

「NASVAは自動車事故対策の専門機関で、事故被害者の支援、事故防止のための安全指導、安全情報を提供するアセスメントという3つの業務があります。療護施設の運営も行っていて、事故被害者を支えるのは重要な役割ですね。ただ、究極的には被害者をゼロにするのが理想ですから、安全性能を評価する意義は大きいんです。JNCAPと呼ばれる自動車アセスメントは、1995年に始まっています。衝突試験を行い、乗員保護性能評価や歩行者保護性能評価を実施してきました。2014年からは、それに加えて予防安全性能評価を行っています」

スバルのアイサイトが知られるようになり、3、4年前から急速に自動ブレーキに対する関心が高まっていった。国産車、輸入車を問わず多くのメーカーが予防安全の装備に力を入れるようになり、JNCAPにも新たなテスト項目が追加されることになったわけだ。

「被害軽減ブレーキの試験では、試験車を20km/hから60km/hまで5km/h刻みのスピードで模擬車両に接近させ、ブレーキの作動状況を確認。模擬車両が静止している場合と20km/hで走行している場合の2つのケースで行い、32点満点で評価します」

■「スバル・フォレスター」の被害軽減ブレーキ試験の様子

→スバルの安全技術を紹介する「New SUBARU SAFETY」はこちら。

第2回:事故の発生率が約6割も減少 「スバル・フォレスター」でアイサイトの実力を試す

2014年度「JNCAPファイブスター賞」の表彰式の会場において、予防安全装備について紹介するコーナーに展示された「スバル・レヴォーグ」。
2014年度「JNCAPファイブスター賞」の表彰式の会場において、予防安全装備について紹介するコーナーに展示された「スバル・レヴォーグ」。 拡大
「JNCAP」とは「Japan New Car Assessment Program」の略称。国土交通省と自動車事故対策機構が、現在市販されている乗用車の安全性能をさまざまな試験を通して評価し、その結果を公開している。
「JNCAP」とは「Japan New Car Assessment Program」の略称。国土交通省と自動車事故対策機構が、現在市販されている乗用車の安全性能をさまざまな試験を通して評価し、その結果を公開している。 拡大
JNCAPでは自動車に加え、チャイルドシートの安全性能を評価する「チャイルドシートアセスメント」も実施している。
JNCAPでは自動車に加え、チャイルドシートの安全性能を評価する「チャイルドシートアセスメント」も実施している。 拡大
<プロフィール>

独立行政法人自動車事故対策機構
企画部長
自動車アセスメント部長

大森 隆弘(おおもり たかひろ)さん

1995年に運輸省に入省し、2001年に国土交通省に移行。一貫して自動車安全関連の業務に携わり、運送事業の安全指導や技術開発の支援に関わる。国土交通省中部運輸局自動車技術安全部長を経て、2015年7月から現職。
 

<プロフィール>
	独立行政法人自動車事故対策機構
	企画部長
	自動車アセスメント部長

	大森 隆弘(おおもり たかひろ)さん

	1995年に運輸省に入省し、2001年に国土交通省に移行。一貫して自動車安全関連の業務に携わり、運送事業の安全指導や技術開発の支援に関わる。国土交通省中部運輸局自動車技術安全部長を経て、2015年7月から現職。
	 
	拡大

急速な技術の進歩によって“満点”が続出

模擬車両にぶつかってしまっても、速度の低減率によって一定の得点が与えられる。事故被害を減らすことになれば効果があったと判定されるのだ。リアルワールドの事故ではさまざまな不確定要素が想定されるが、試験で高得点を出せば実際の事故防止にも効果があると考えられる。

「カメラ、ミリ波レーダー、レーザーレーダーなどの検知装置がありますが、どれを使っても差が出ないように配慮した設定にしてあります。排ガスの試験とは違い、メーカーが基準クリアのために対策することは難しいですね。予防安全の試験は実際のシチュエーションに準じた形で行われますから、単純に検知できるかどうかなんです」

特別な状況だけで働く装置ではないので、パターンを決めてそこだけ性能を上げるようなことはできない。また、被害軽減ブレーキ以外の試験結果も評価には反映される。

「車線はみ出し警報には8点が与えられます。60km/h以上の速度で走行し、白線からはみ出した際に警報を発する状況を確認します。事故被害軽減に貢献する割合を算定して、1点が同じ価値になるように配点しています。後方視界情報の試験もあり、こちらは6点満点です。総合点で2点以上を獲得すると先進安全車(ASV)に、12点以上であれば先進安全車プラス(ASV+)に認定されます」

わずか2点で先進安全車に認定されるというのは、あまりにも基準が甘いように思われる。実際の試験結果を見てもすべての車種がASV認定されており、最近試験したクルマは軒並み最高ランクのASV+を獲得している。これではハードルが低すぎて、差がよくわからない。

「確かに、現在ではどのクルマも高い点数を取るようになって、満点も続出しています。ただ、2014年は普通車の平均点は16点でした。それが、昨年(2015年)になると30点になっています。自動車メーカーの技術開発が急激に進んだんですね。当初の目的は先進安全装置を備えたクルマの開発を促進することでした。だから、まずは先進安全車を出してもらおうという考え方からハードルを低めに設定したわけです。それでも被害軽減ブレーキで32点を取るのは大変だと思っていたんですが、自動車メーカーがいい形で競争した結果、多くのクルマがクリアしてしまいました」

→スバルの安全技術を紹介する「New SUBARU SAFETY」はこちら。

第2回:事故の発生率が約6割も減少 「スバル・フォレスター」でアイサイトの実力を試す

予防安全性能評価において、被害軽減ブレーキ試験に使用されるクルマの車内の様子。
予防安全性能評価において、被害軽減ブレーキ試験に使用されるクルマの車内の様子。 拡大
公平を期すため、試験車両は人ではなく、テスト用のロボットによって運転される。
公平を期すため、試験車両は人ではなく、テスト用のロボットによって運転される。 拡大
こちらははみ出し警報試験の様子。試験内容は、車線からはみ出した際に警告を発し始める車速をはかるというもので、低い速度から警告を発するものの方が、得点が高くなる。
こちらははみ出し警報試験の様子。試験内容は、車線からはみ出した際に警告を発し始める車速をはかるというもので、低い速度から警告を発するものの方が、得点が高くなる。 拡大

多くのクルマが試験で高得点を取るようになり、車種ごとの性能の差がわかりづらくなってしまった現状について「予防安全装備の開発が急速に進んだため」と説明する大森氏。


	多くのクルマが試験で高得点を取るようになり、車種ごとの性能の差がわかりづらくなってしまった現状について「予防安全装備の開発が急速に進んだため」と説明する大森氏。
	拡大

技術革新に合わせて進化する評価の方法

差がつかなくなったことは、予防安全性能評価がもたらした成果なのだ。ただ、このままではユーザーが安全性を比較するツールとしては不十分だ。例えばスバルは以前から高得点をあげていて評価車種すべてが最高ランクのASV+を獲得しているが、現在の評価基準だとアドバンテージが見えにくい。

実際、スバルのアイサイト搭載車については、非搭載車と比べて車両同士の追突では約8割、対歩行者では約5割、全体では約6割事故が減少しているという調査結果もある。予防安全性能の優劣を正確に把握しておくことは、これからのクルマ選びにおいて優先度の高い情報となるはずだ。

「来年度から、試験内容が大きく変わる予定です。国土交通省の検討会で方針が話し合われることになっていて、その結果を受けて実施方法を決めることになります」

予防安全性能評価は一斉にテストしているわけではなく、随時順番に行われている。来年度は新しい基準が決まった時点で新方式の試験が行われることになるようだ。

「衝突安全性能も含め、JNCAPはユーロNCAPなどと連携してほぼ同一の試験方法を採用しています。ただ、日本のアセスメントは日本の事故実態を反映した内容となっていますから、ほかの国のものとは少し違いもありますね。ヨーロッパはハイスピードを重視したテストを行っています。日本でももう少し高い速度での評価を行うようになるかもしれません」

予防安全技術は急速に進歩しているので、新たな試験項目が加えられていくはずだ。斜め後方の車両を感知するブラインドスポットモニターなどにも得点が与えられるようになるかもしれない。来年度からの変更で最も大きいのは、対人被害軽減ブレーキ試験の導入だ。

「高度なシステムでは、車両だけでなく歩行者も感知する機能が組み込まれるようになりました。事故防止に効果が大きいと考えられますので、試験項目に入れていくことになるでしょう。判定結果も現在の2段階からもっと細かくすることを考えています。5段階の星で示している衝突安全のように、差がよくわかるような方法が望ましいですね」

技術の進歩に合わせて適切な試験方法と判定基準が定められれば、予防安全性能はこれまで以上にクルマ選びの重要なファクターになるだろう。点数は販売成績に結びつくことになる。

「メーカーも事故を減らすために真剣に努力しています。NASVAはそれを公平に評価し、ユーザーとの橋渡しの役割を担っていきたいと考えています」

NASVAのウェブサイトでは、車種ごとに予防安全性能評価の動画を見ることができる。技術の優劣がビジュアルで示されるので、数字以上にわかりやすい。自動車購入を考えているなら必見だ。

(文=鈴木真人/写真=自動車事故対策機構、富士重工業、webCG/動画=自動車事故対策機構)

→スバルの安全技術を紹介する「New SUBARU SAFETY」はこちら。
→自動車事故対策機構(NASVA)オフィシャルサイト

第2回:事故の発生率が約6割も減少 「スバル・フォレスター」でアイサイトの実力を試す


 

2014年度「JNCAPファイブスター賞」表彰式の会場に並べられたスバル車。2014年に初めて予防安全性能評価が実施されて以来、スバルのアイサイト搭載車はすべてが最高ランクの評価を獲得している。
2014年度「JNCAPファイブスター賞」表彰式の会場に並べられたスバル車。2014年に初めて予防安全性能評価が実施されて以来、スバルのアイサイト搭載車はすべてが最高ランクの評価を獲得している。 拡大
「ブラインドスポットモニター」とは、センサーによって自車の後側方を監視し、他車がいる場合はサイドミラーのインジケーターを点滅させるなどしてドライバーに注意を促す機能。車線変更時の接触事故などを抑制する効果がある。
「ブラインドスポットモニター」とは、センサーによって自車の後側方を監視し、他車がいる場合はサイドミラーのインジケーターを点滅させるなどしてドライバーに注意を促す機能。車線変更時の接触事故などを抑制する効果がある。 拡大
予防安全性能評価が46点満点の2段階評価であるのに対し、衝突安全性能をはかる新・安全性能総合評価は、208点満点の5段階評価となっている。
予防安全性能評価が46点満点の2段階評価であるのに対し、衝突安全性能をはかる新・安全性能総合評価は、208点満点の5段階評価となっている。 拡大
大森氏の背後にあるのは、衝突安全性能評価での、最高ランクの成績を示す「JNCAPファイブスター賞」のロゴ。今後は予防安全性能評価についても、よりクルマごとの差が分かりやすい、細かなランク分けが行われるようになるかもしれない。
大森氏の背後にあるのは、衝突安全性能評価での、最高ランクの成績を示す「JNCAPファイブスター賞」のロゴ。今後は予防安全性能評価についても、よりクルマごとの差が分かりやすい、細かなランク分けが行われるようになるかもしれない。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。