ホンダが新型シビックを世界初公開【ジュネーブショー2016】

2016.03.01 自動車ニュース
新型「ホンダ・シビック ハッチバック」のプロトタイプモデル。
新型「ホンダ・シビック ハッチバック」のプロトタイプモデル。 拡大

【ジュネーブショー2016】ホンダが新型「シビック」を世界初公開

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で新型「シビック ハッチバック」のプロトタイプモデルを世界初公開した。

■市販モデルは2017年初頭の市場導入を予定

シビックはCセグメントに属するホンダの世界戦略車であり、今回の新型は10代目のモデルにあたる。プラットフォームについては現行モデルが欧州地域専用の設計となっているのに対し、今回はハッチバック、セダン、クーペ共に各地域共通のものが採用される。

ボディーサイズは全長を130mm、全幅を30mm拡大するとともに、全高を20mm下げることでロー&ワイドなスタイリングを実現。またフロントオーバーハングの縮小やロングホイールベース化により、スポーティーなデザインを際立たせ、同時に走行性能の向上と室内空間の最大化を図ったという。

また欧州仕様のパワーユニットには、今回が欧州初導入となる1リッター直噴VTECターボと1.5リッター直噴VTECターボ、改良を施した1.6リッターi-DTECディーゼルの3種類をラインナップ。このうち、ガソリンエンジンは低フリクション化を図った新骨格をベースに、新開発のターボシステムと直噴技術を搭載したもので、従来の自然吸気エンジンを上回る高出力、高トルクを実現しているという。

ホンダは新型シビックについて、「シビックシリーズのコンセプトはそのままに、ダイナミックでスポーティーなデザインをさらに際立たせ、優れた燃費性能や運動性能を両立し、使い勝手も向上させるなど、商品の魅力を大幅に高めている」としている。発売は、欧州において2017年初頭を予定。

■「NSX」は2016年4月に受注を開始

このほかにも、ホンダは今回のジュネーブショーに、2016年中の欧州導入を予定している燃料電池自動車「クラリティ フューエルセル」や、ミドシップのスポーツモデル「NSX」なども出展。NSXについては2016年4月に受注を開始し、同年秋より納車を行うとしている。価格は、ドイツでは約18万ユーロから、イギリスでは約13万ポンドから。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR 2020.2.20 画像・写真 運動性能をさらに向上。改良を受けた「ホンダ・シビック タイプR」の詳細な姿を写真で紹介。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新 2020.9.11 自動車ニュース ホンダが2020年秋にモデルチェンジする「N-ONE」の情報を先行公開。新型は丸・四角・台形を基調とする従来モデルのエクステリアデザインを踏襲。モデルラインナップは「オリジナル」「プレミアム」「RS」の3種類で、RSにはターボ+6段MT仕様も用意される。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
ホームへ戻る