メルセデス・ベンツの最上級SUV、GLSがデビュー

2016.04.27 自動車ニュース
メルセデス・ベンツGLS550 4MATICスポーツ
「メルセデス・ベンツGLS550 4MATICスポーツ」 拡大

「GLクラス」改め、メルセデスの最上級SUV「GLS」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月27日、最上級SUV「GLS」の日本導入を発表し、同日、販売を開始した。

GLS550 4MATICスポーツ」のリアビュー。
「GLS550 4MATICスポーツ」のリアビュー。 拡大
メルセデスAMG GLS63 4MATIC」のインテリア。
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」のインテリア。 拡大
乗車ポジションは、前席から順に2-3-2人の計7人乗り。写真は2人掛けの3列目。
乗車ポジションは、前席から順に2-3-2人の計7人乗り。写真は2人掛けの3列目。 拡大
ラゲッジルームの容量は、標準の状態(写真)で680リッター。シートアレンジにより、最大2300リッターにまで拡大できる。
ラゲッジルームの容量は、標準の状態(写真)で680リッター。シートアレンジにより、最大2300リッターにまで拡大できる。 拡大
メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の5.5リッターV8ツインターボエンジン。最高出力585ps、最大トルク77.5kgmを発生する
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の5.5リッターV8ツインターボエンジン。最高出力585ps、最大トルク77.5kgmを発生する。 拡大
メルセデスAMG GLS63 4MATIC
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」 拡大

■装備充実のフラッグシップSUV

2015年11月に開催されたロサンゼルスオートショーでデビューしたメルセデス・ベンツGLSは、従来の「GLクラス」のマイナーチェンジ版。メルセデスのSUVを意味するGLと、メルセデスの最上級クラスを表すSを組み合わせた新たな名を冠した、メルセデスSUVのフラッグシップとなるモデルである。

顔つきを最新のGLライン各車と共通する印象に改めたボディーは、欧州製SUVとしては最大級の、全長5130×全幅1934×全高1850mmというサイズ(数値は欧州仕様車)。3列シートに大人7人がゆったりとくつろげる居住空間を持ち、ラゲッジルームは680リッターから最大2300リッターまでアレンジ可能である。

エンジンは3種類。「GLS350d 4MATIC」と「GLS350d 4MATICスポーツ」には最高出力258ps、最大トルク63.2kgmを発生する3リッターV6直噴ディーゼルターボ、「GLS550 4MATICスポーツ」には455ps、71.3kgmを発生する4.7リッターV8直噴ツインターボ、そして「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」には585ps、77.5kgmを発生する5.5リッターV8直噴ツインターボが搭載される。
トランスミッションは、GLS350d 4MATICとGLS350d 4MATICスポーツ、GLS550 4MATICスポーツが9段AT、メルセデスAMG GLS63 4MATICは7段ATで、駆動方式はいずれも4WD。シャシーには、路面状況や走行状況に応じてばね定数、減衰力、車高を自動的に調整するADS PLUS(アダプティブ・ダンピング・システム・プラス)付き電子制御式エアサスペンションである「AIRマティックサスペンション」が備わる。

また、オフロードにおけるパフォーマンスを支える機能として、急勾配の下り走行時にスイッチ操作でエンジン回転数とブレーキを自動制御して速度を一定に保ち安定した走行を可能とするDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)や、スイッチ切り替えによりアクセルやブレーキ、トランスミッションの制御をオフロード向けに最適化するオフロードモードも標準で備わっている。

センターコンソールの専用コントローラーを操作するだけで、5つのモードからドライバーが望むキャラクターに瞬時にセッティング可能なダイナミックセレクトも標準装備。選択したモードに応じて、スロットルレスポンスとシフトスケジュールが変化し、快適性や燃費を優先する走りからスポーティーなドライビングまで、自在に楽しむことができるとアピールされる。

定評ある安全運転支援システムは、全車種に「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。さらに、車両周囲の状況をモニターし安全性と利便性を向上させる「360度カメラシステム」や、縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」なども全車に備わる。

GLSのラインナップと価格は、以下の通り。

・メルセデス・ベンツGLS350d 4MATIC:1070万円
・メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ:1190万円
・メルセデス・ベンツGLS550 4MATICスポーツ:1500万円
・メルセデスAMG GLS63 4MATIC:1900万円

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
GLS, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • メルセデス・ベンツGLS 2015.11.12 画像・写真 独ダイムラーは米国ロサンゼルスオートショー(開催期間:2015年11月17日~11月29日)で大型SUV「メルセデス・ベンツGLS」を公開する。その外観および内装を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 2020.3.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月23日、新型「メルセデス・ベンツGLS」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。最新のGLSは、2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2019年4月のニューヨークモーターショーで初披露された。
ホームへ戻る