「トヨタ・ハリアー」にスタイリッシュな内装の特別仕様車

2016.05.23 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”」
「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”」 拡大

トヨタ自動車は2016年5月23日、「ハリアー」の特別仕様車「PREMIUM“Style ASH”(プレミアム“スタイルアッシュ”)」「PREMIUM“Advanced Package・Style ASH”(プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”)」を発表した。同年6月1日に発売する。

今回の特別仕様車は、装備充実のグレード「プレミアム」と、プレミアムに先進安全装備やカーナビゲーションシステムなどを加えた「プレミアム “アドバンストパッケージ”」がベース。
最大の特徴はグレー基調の内装で、ウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用シートや、インストゥルメントパネル、ドアトリムなどに、専用の内装色であるウォームグレーを採用。さらに、随所にライトグレーのステッチが施されている。

このほか、以下の特別装備が与えられる。
・ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール
・ヘアライン調加飾のシフトパネル
・専用18インチアルミホイール(ブラック塗装、切削光輝加工)
・運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付き)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリングおよびシート)
・快適温熱シート(運転席および助手席)

ラインナップと価格は、以下の通り。ボディーカラーは、特別設定色ブルーメタリックを含む全5色が用意される。

【ハリアー プレミアム“スタイルアッシュ”】
・ガソリン車(FF車):323万7055円
・ガソリン車(4WD車):343万1455円
・ハイブリッド車(4WD車):413万2473円

【ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”】
・ガソリン車(FF車):379万7673円
・ガソリン車(4WD車):399万2073円
・ハイブリッド車(4WD車):469万2109円

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る