「トヨタ・ハリアー」にスタイリッシュな内装の特別仕様車

2016.05.23 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”」
「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”」 拡大

トヨタ自動車は2016年5月23日、「ハリアー」の特別仕様車「PREMIUM“Style ASH”(プレミアム“スタイルアッシュ”)」「PREMIUM“Advanced Package・Style ASH”(プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”)」を発表した。同年6月1日に発売する。

今回の特別仕様車は、装備充実のグレード「プレミアム」と、プレミアムに先進安全装備やカーナビゲーションシステムなどを加えた「プレミアム “アドバンストパッケージ”」がベース。
最大の特徴はグレー基調の内装で、ウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用シートや、インストゥルメントパネル、ドアトリムなどに、専用の内装色であるウォームグレーを採用。さらに、随所にライトグレーのステッチが施されている。

このほか、以下の特別装備が与えられる。
・ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール
・ヘアライン調加飾のシフトパネル
・専用18インチアルミホイール(ブラック塗装、切削光輝加工)
・運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付き)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリングおよびシート)
・快適温熱シート(運転席および助手席)

ラインナップと価格は、以下の通り。ボディーカラーは、特別設定色ブルーメタリックを含む全5色が用意される。

【ハリアー プレミアム“スタイルアッシュ”】
・ガソリン車(FF車):323万7055円
・ガソリン車(4WD車):343万1455円
・ハイブリッド車(4WD車):413万2473円

【ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”】
・ガソリン車(FF車):379万7673円
・ガソリン車(4WD車):399万2073円
・ハイブリッド車(4WD車):469万2109円

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る