BMW M4クーペ(前編)

2016.06.23 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「BMW M4クーペ」。431psの3リッター直6ターボユニットを搭載するスポーツクーペを、谷口はどう評価する?

このエンジンは良すぎる!

レーシングドライバーの谷口信輝が前回の「レクサスGS F」に続いて乗り込んだのは、「バイエルンの狼」の証しである“M”の称号が与えられたBMW M4クーペ。フロントに搭載された直6 3リッターターボエンジンは431psと550Nm(56.1kgm)を生み出すスポーティークーペだが、この日も箱根はあいにくの雨。しかも、試乗の時間が近づくと次第に雨脚が強まってきたうえ、霧があたりを覆い始めた。ハイパワーモデルのポテンシャルをフルに引き出すには最悪に近いコンディションである。

この状況にはさすがの谷口も手こずったようで、運転席から降りるなり、「ガスが出ているせいで前が見えなくて、エンジンをレブリミッターまで引っ張ることができませんでした」とこぼし始めた。それでもBMWパワーの迫力は十分に堪能したようで、その感想を次のように語っている。「すっごいエンジンパワーですよ。もう、アクセルを踏んだ瞬間からホイールスピンするし、シフトアップしてもまたホイールスピンする。ターボの過給が効き始めるのも早くて2500rpmくらいからトルクが立ち上がってきます。おかげで、このコンディションだとパワーを路面に伝えきれなくて、トラクションコントロールがすぐ利いちゃう。かなり楽しいクルマですね」

ただし、クルマ全体のバランスを考えると、少しパワー過多な印象を谷口は抱いたようだ。「えーと、あの円グラフみたいなの、レーダーチャートっていうんでしたっけ? あれでこのクルマを表現すると、パワーのところが明らかに勝っている感じですね。最近のクルマはボディー剛性が高くて、ブレーキやタイヤの性能も上がっているから、一番不足しているのがパワーっていう例も少なくないじゃないですか。でも、M4は正反対で、パワーだけが突出している感じ。その意味ではすごい刺激的だけれど、ちょっとトラクションは不足気味ですね」

つまり、M4はシャシーにエンジンが勝っているようなのだが、それはシャシー性能が低すぎるからというよりも、エンジンが“良すぎる”ことに原因があるようだ。「さっきも話したとおり、ガスのせいでとにかく前が見えなくて、おかげでレブリミットまで引っ張れなかったけれど、それでも加速感は途絶えることなく続いていきます。たしか6500rpmくらいまでしか引っ張らなかったけれど、レッドゾーンは7300rpmくらいでしょ? これって、ターボエンジンとしてはすごく高いですよね」

 
BMW M4クーペ(前編)の画像 拡大
 
BMW M4クーペ(前編)の画像 拡大
 
BMW M4クーペ(前編)の画像 拡大
BMW M4クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4685×1870×1385mm/ホイールベース:2810mm/車重:1640kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:431ps(317kW)/7300rpm/最大トルク:56.1kgm(550Nm)/1850-5500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)275/35ZR19/車両本体価格:1132万円
BMW M4クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4685×1870×1385mm/ホイールベース:2810mm/車重:1640kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:431ps(317kW)/7300rpm/最大トルク:56.1kgm(550Nm)/1850-5500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)275/35ZR19/車両本体価格:1132万円 拡大
 
BMW M4クーペ(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
M4クーペ, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • 最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場 2020.5.19 自動車ニュース 独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能な3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。
  • ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表 2020.5.18 自動車ニュース 独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴となっている。
  • 「BMW 8シリーズ クーペ/カブリオレ」に3リッター直6ガソリンエンジン搭載モデルが登場 2020.4.24 自動車ニュース BMWが「8シリーズ クーペ/カブリオレ」に、新モデル「840i」を設定。最高出力340PS(250kW)/5000rpm、最大トルク500N・m(51.1k・gfm)/1600-4500rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボエンジンを搭載しており、駆動方式はFRを採用している。
ホームへ戻る