新型「スバル・インプレッサ」もうすぐ発表

2011.11.07 国産車

新型「スバル・インプレッサ」もうすぐ発表

富士重工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーで、4代目となる新型「インプレッサ」を発表する。

今年4月のニューヨークショーでお披露目された新型「インプレッサ」が、東京モーターショーの開幕と同時に日本デビューを迎える。

4代目を数える新型も、これまでどおり5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類がラインナップされるが、5ドアハッチバックに「インプレッサ スポーツ」、4ドアセダンに「インプレッサG4(ジー・フォー)」というサブネームが与えられるのが新しい。

公表された新型5ドアハッチバックのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4415×1740×1465mm。現行モデルに比べ、わずかに全高が10mm低いのみで、ほぼ同寸と言ってよい。
そのいっぽうで、ホイールベースを25mm延長するなどして、これまでより広い室内空間を確保。その使い勝手の良さや質感の高さもアピールポイントとなっている。

エンジンは、新世代の水平対向4気筒ユニットが採用される。排気量は1.6リッターと2リッターの2本立て。トランスミッションはチェーン駆動のCVT「リニアトロニック」で、アイドリングストップ機構も備わる。従来比約20%アップと大幅に向上した燃費が自慢だ。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサG4」(4ドアセダン)
「スバル・インプレッサG4」(4ドアセダン) 拡大
こちらは5ドアハッチバック。その名も「インプレッサ スポーツ」。
こちらは5ドアハッチバック。その名も「インプレッサ スポーツ」。
拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • マツダが「CX-30」を一部改良 走行性能と安全性を向上 2020.12.17 自動車ニュース マツダが、コンパクトクロスオーバーモデル「CX-30」に一部改良を実施。よりドライバーの意図した通りに走るよう、パワートレインの制御を見直した。同時に、2020年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーにおけるトップ3選出を祝う特別仕様車も設定している。
ホームへ戻る