新型「ルノー・トゥインゴ」に2つの限定モデル

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」に限定モデル「パックスポール」「サンクS」を設定し、同年9月15日に発売すると発表した。7月14日から31日まで予約注文受け付けを行う。

「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー


	「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー。
	拡大
「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり

 

「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり。
	 
	拡大
「トゥインゴ サンクS」
「トゥインゴ サンクS」 拡大

■専用の装飾パーツでスポーティーにコーディネート

パックスポールはカタログモデルの「インテンス」をベースに、専用のボディーストライプや空力パーツ、レッドフィニッシャーなどで内外装をドレスアップした限定車である。

特別装備は以下の通り。
・専用16インチアロイホイール(JUVAQUATRE)
・専用サイドストライプ
・専用フェンダーモール+サイドスカート
・レッドドアミラー
・レッドフィニッシャー(フロントグリル、サイドモール)
・レッド&ブラック内装
・ファブリック&レザー調コンビシート
・レザー調メータークラスター

エンジンやトランスミッションなどについての変更はなし。ボディーカラーは「ブラン クリスタル」のみの設定で、50台の限定販売となる。ハンドル位置は右。価格は199万円。

■販売台数50台、NAエンジン+5段MTの限定モデル

「サンクS」は、71ps(52kW)/6000rpmの最高出力と9.3kgm(91Nm)/2850rpmの最大トルクを発生する自然吸気の1リッター直3 DOHCエンジンと、5段マニュアルトランスミッションを搭載した限定モデルである。

ボディーカラーは「ブルー ドラジェM」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレールM」「ブラン クリスタル」の4色。販売台数は50台の限定となっている。ハンドル位置は右。価格は169万円。

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「ルノー、RRとなった新型『トゥインゴ』を日本に導入」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(前編) 2021.9.5 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がマイナーチェンジしたルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」に試乗。かつてその2020年モデルを愛車として選んだ漫画界のレジェンドは、最新モデルをどう評価したのか。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(後編) 2021.9.12 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師によるルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」の試乗リポート後編。公道での乗り味と、このクルマは果たして誰にオススメなのかについて、より詳しく語ってもらった。
ホームへ戻る