新型「ルノー・トゥインゴ」に2つの限定モデル

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」に限定モデル「パックスポール」「サンクS」を設定し、同年9月15日に発売すると発表した。7月14日から31日まで予約注文受け付けを行う。

「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー


	「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー。
	拡大
「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり

 

「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり。
	 
	拡大
「トゥインゴ サンクS」
「トゥインゴ サンクS」 拡大

■専用の装飾パーツでスポーティーにコーディネート

パックスポールはカタログモデルの「インテンス」をベースに、専用のボディーストライプや空力パーツ、レッドフィニッシャーなどで内外装をドレスアップした限定車である。

特別装備は以下の通り。
・専用16インチアロイホイール(JUVAQUATRE)
・専用サイドストライプ
・専用フェンダーモール+サイドスカート
・レッドドアミラー
・レッドフィニッシャー(フロントグリル、サイドモール)
・レッド&ブラック内装
・ファブリック&レザー調コンビシート
・レザー調メータークラスター

エンジンやトランスミッションなどについての変更はなし。ボディーカラーは「ブラン クリスタル」のみの設定で、50台の限定販売となる。ハンドル位置は右。価格は199万円。

■販売台数50台、NAエンジン+5段MTの限定モデル

「サンクS」は、71ps(52kW)/6000rpmの最高出力と9.3kgm(91Nm)/2850rpmの最大トルクを発生する自然吸気の1リッター直3 DOHCエンジンと、5段マニュアルトランスミッションを搭載した限定モデルである。

ボディーカラーは「ブルー ドラジェM」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレールM」「ブラン クリスタル」の4色。販売台数は50台の限定となっている。ハンドル位置は右。価格は169万円。

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「ルノー、RRとなった新型『トゥインゴ』を日本に導入」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る