第7回:練習のお供にもピッタリ
webCG随一の自転車ユーザーがXFを斬る!

2016.08.17 ジャガーXF長期試乗リポート
「ジャガーXF」にロードバイクを積んで、秘密の特訓基地へいざ出発。
「ジャガーXF」にロードバイクを積んで、秘密の特訓基地へいざ出発。 拡大

世の中にはジドーシャに情熱をそそぐクルマ好きと同じように、自転車に愛をささげる猛者たちがいる……。今回はwebCG編集部きっての“ローディー”が、自転車愛好家の視点から「ジャガーXF」の荷室を、装備を、大マジメに語ります。

今回のお荷物はこれだけ。ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズだけである。
今回のお荷物はこれだけ。ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズだけである。 拡大
ロードバイクを積むにしても、さすがに高級車だと気を使う。今回は毛布で養生させてもらった。
ロードバイクを積むにしても、さすがに高級車だと気を使う。今回は毛布で養生させてもらった。 拡大
養生を固定するのに使用した、トランクルーム内のフック。本来の用途はなんなのだろう?
養生を固定するのに使用した、トランクルーム内のフック。本来の用途はなんなのだろう? 拡大
道中、ちょっと気になったのがドリンクホルダー。自転車用のボトル(シマノ製)がうまく入らない……。内側のクッションのような出っ張り、いらなくない?
道中、ちょっと気になったのがドリンクホルダー。自転車用のボトル(シマノ製)がうまく入らない……。内側のクッションのような出っ張り、いらなくない? 拡大

XFで華麗なる「コソ練」へ

われらローディーの間には「貧脚」なる言葉がある。もとの意味は「全然ペダルをこげないダメなロードバイク乗り」なのだが、昨今では謙遜のため、めちゃくちゃ速いローディーが自分の爪を隠すために使う言葉となっている。かくして私も謙遜系貧脚ローディー(ややこしい)を目指し、仲間に内緒でこっそりと練習を繰り返すのだ。

今回はそんなこっそり練習、通称「コソ練」の相方として、ジャガーXFに助力を願うこととした。いつも私は横浜某所までクルマでロードバイクを運び、秘密の周回練習ポイントをぐるぐるしているのである。

荷物は少なく、ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズ程度だが、いかんせん今回のお相手はジャガーさま。泣く子も黙る英国の高級車である。さすがにこれらの荷物をそのまま押し込むのは気が引けるので、毛布で養生させていただく。ちなみにXFのトランクルームには開口部付近の左右になにやらフックが付いている。本来の用途ではないだろうけど、これが養生用の毛布を固定するのに非常に重宝した。

はてさて、実際にロードバイクを入れてみてどうかというと、まったく問題なさそう。もちろんタイヤは両方とも外さなければならないし、セダンなので開口部や天井などに気を使う必要はあるのだが、広さそのものは十分。これなら着替えなどの荷物も載せることができるだろう。

かようにして、たいしたドラマもなく(いや、ドラマがあったら困るんだけど)無事にXFに荷物を積み終えたら、いよいよわが秘密の特訓基地へと出発である。

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新 2020.10.7 自動車ニュース アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良。エクステリアデザインを大きく変更したほか、新しいインフォテインメントシステムを採用するなど、装備も強化。「A4/A4アバント/A4オールロードクワトロ」には、12Vマイルドハイブリッドシステムを導入した。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る