クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第5回:ジャガーXFの実用燃費報告
約2000km走って8.8km/リッターを記録

2016.08.03 ジャガーXF長期試乗リポート
いざ箱根! 「XF 25tプレステージ」は、どんなハンドリングを披露するのか。
いざ箱根! 「XF 25tプレステージ」は、どんなハンドリングを披露するのか。 拡大

「ジャガーXF」がwebCG編集部にやって来たのが6月半ばのこと。以来、1カ月半で約2000kmを走行した。これくらい走れば、燃費データもだいぶ安定してくる。今回は2リッター直4ターボエンジン(240ps)を搭載する「25tプレステージ」グレードの燃費と、ハンドリングについて報告する。

燃料タンク容量は74リッター。満タン1回で500km以上、余裕で走れる。
燃料タンク容量は74リッター。満タン1回で500km以上、余裕で走れる。 拡大
トランスミッションとエンジンなどを統合制御するジャガードライブコントロールは「ノーマル」モードで乗ることが多い。「エコ」を多用したら、どれくらい燃費が改善されるのか? 近々テストしてみるつもり。
トランスミッションとエンジンなどを統合制御するジャガードライブコントロールは「ノーマル」モードで乗ることが多い。「エコ」を多用したら、どれくらい燃費が改善されるのか? 近々テストしてみるつもり。 拡大
現在までのところ、給油時にドライブコンピューターが示したベストの平均燃費値は10.3km/リッターである。
現在までのところ、給油時にドライブコンピューターが示したベストの平均燃費値は10.3km/リッターである。 拡大
箱根のワインディングロードにて。ドイツのライバルメーカー風にいうと「XF 25tプレステージ」には軽やかに駆けぬける歓びがある!
箱根のワインディングロードにて。ドイツのライバルメーカー風にいうと「XF 25tプレステージ」には軽やかに駆けぬける歓びがある! 拡大

目指せ9km/リッター台!

先日、関東甲信地方の梅雨明けが発表された。昨年よりも18日、平年よりも7日遅い梅雨明けだそうだ。淡いライトオイスターの内装が涼しげなwebCG XFではあるが、エアコンは毎日フル稼働。燃費には厳しい季節である。

さて、6月の半ば(18日)に燃費計測を開始して、7月末までの44日間走った結果、webCG XFは8.8km/リッターという燃費を記録した。この値はいわゆる“満タン法”計測であり、走行距離(2031km)を消費したハイオクガソリンの量(230.4リッター)で単純に割って算出したものである。実際に走行した距離とメーターが表示する走行距離の誤差の修正(距離計誤差修正)を行えば、もう少し“締まった”値になってくるとは思うが、webCGは伝統的に誤差修正は行わず、燃費をあくまで「参考燃費」として表記してきた経緯がある。なので今回もそれに従っている。

webCG XFの走行パターンは、ざっと都内とその近郊の一般道が7割で、高速道路を使った遠乗りが3割といったところ。ドライブコンピューターの平均速度は、だいたい30km/h台の前半を示している。そういった条件で、この8.8km/リッターという値は優秀か、それとも平凡か? 筆者は、全長約5mで車重が1.7tを超えるラグジュアリーサルーンで、0-100km/h加速が7.0秒、最高速が248km/h(欧州仕様の参考値)という優れた動力性能を備えているクルマであることを考えれば、十分に優秀ではないかと思っている。

ちなみに、カタログに記された25tプレステージのJC08モード値は11.4km/リッターである。これまでいろいろなクルマを試乗して、燃費データをとってきた経験からすると、実燃費はJC08モード値の7割程度に落ち着くケースが多かった。11.4km/リッターの7割なら8.0km/リッター。まあ、だいたいこの辺りで安定してくるのだろうという読みは、リポート開始当初からあった。

ジャガー XF の中古車

小さな違いは大きな違い

もっとも、とにかく燃費の良さを望むというのなら、XFにはディーゼルという選択肢だってあるわけだ。以前、2リッターの“インジニウム”ディーゼルエンジンを搭載する「20dプレステージ」グレード(JC08モード値は16.7km/リッター)で、一般道に高速道路、それに山道を少々といった約300kmを走って、12.5km/リッターという値を得たことがある。ここまで違うと、もはや勝負を挑もうという気にすらならないが、それでもわが25tグレードを推すポイントを探すとすれば、それはハンドリングだろう。

この25t、とにかく足取りが軽い。クイックなギア比を持つステアリングとグリップ力の高いタイヤで、右へ左へと半ば強引に向きを変えていくような走りではなく、いかにも前軸と後軸の重量バランスの良さと、それを支えるしっかりとした骨格あっての構造的な軽さ、という感じだ。実際、25tの前後の重量バランスはほぼ50:50である。

このフットワークの軽やかさは、なにも山道に行かなくたって、町中の交差点でだって十分に体感できる。ステアリングホイールを一切りすれば、ノーズがすっとごく自然、かつ気持ちよく向きを変えることに、誰もがきっと軽い感動を覚えるはずだ。ディーゼルの20dだって車格を考えれば軽い手応えを持つが、25tほど軽やかではない。ロール方向の姿勢変化が若干大きく、わずかだがしっとりとした感触が伴う。

決して誇張表現ではなく、25tは全長5m級のサルーンであることをついつい忘れてしまいそうな、軽快感に満ちたクルマなのだ。日常を共にするとなると、このちょっとした違いが心理的には大きく効いてくる。1カ月半を共にしてみて、今そんなことをつくづく感じているところである。

(webCG 竹下)

「Fペース」とともに。ラグジュアリーサルーンとクロスオーバーSUVという違いこそあるが、この2台には走りの感触で似たところが多々ある。詳しくはFペースの試乗記で。
「Fペース」とともに。ラグジュアリーサルーンとクロスオーバーSUVという違いこそあるが、この2台には走りの感触で似たところが多々ある。詳しくはFペースの試乗記で。 拡大
ワインディングロードに“コースイン”する前に、ジャガードライブコントロールを「ダイナミック」モードへ。中央にタコメーターが表示され、色も赤く彩られる。
ワインディングロードに“コースイン”する前に、ジャガードライブコントロールを「ダイナミック」モードへ。中央にタコメーターが表示され、色も赤く彩られる。 拡大
コンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」タイヤを履く。サイズは前後245/45R18。
コンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」タイヤを履く。サイズは前後245/45R18。 拡大
「25tプレステージ」の車重は1720kg。前軸重は870kgで後軸重は850kg(車検証値)。つまり前後の重量配分は50.6:49.4。
「25tプレステージ」の車重は1720kg。前軸重は870kgで後軸重は850kg(車検証値)。つまり前後の重量配分は50.6:49.4。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジャガー XF の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。