第5回:ジャガーXFの実用燃費報告
約2000km走って8.8km/リッターを記録

2016.08.03 ジャガーXF長期試乗リポート
いざ箱根! 「XF 25tプレステージ」は、どんなハンドリングを披露するのか。
いざ箱根! 「XF 25tプレステージ」は、どんなハンドリングを披露するのか。 拡大

「ジャガーXF」がwebCG編集部にやって来たのが6月半ばのこと。以来、1カ月半で約2000kmを走行した。これくらい走れば、燃費データもだいぶ安定してくる。今回は2リッター直4ターボエンジン(240ps)を搭載する「25tプレステージ」グレードの燃費と、ハンドリングについて報告する。

燃料タンク容量は74リッター。満タン1回で500km以上、余裕で走れる。
燃料タンク容量は74リッター。満タン1回で500km以上、余裕で走れる。 拡大
トランスミッションとエンジンなどを統合制御するジャガードライブコントロールは「ノーマル」モードで乗ることが多い。「エコ」を多用したら、どれくらい燃費が改善されるのか? 近々テストしてみるつもり。
トランスミッションとエンジンなどを統合制御するジャガードライブコントロールは「ノーマル」モードで乗ることが多い。「エコ」を多用したら、どれくらい燃費が改善されるのか? 近々テストしてみるつもり。 拡大
現在までのところ、給油時にドライブコンピューターが示したベストの平均燃費値は10.3km/リッターである。
現在までのところ、給油時にドライブコンピューターが示したベストの平均燃費値は10.3km/リッターである。 拡大
箱根のワインディングロードにて。ドイツのライバルメーカー風にいうと「XF 25tプレステージ」には軽やかに駆けぬける歓びがある!
箱根のワインディングロードにて。ドイツのライバルメーカー風にいうと「XF 25tプレステージ」には軽やかに駆けぬける歓びがある! 拡大

目指せ9km/リッター台!

先日、関東甲信地方の梅雨明けが発表された。昨年よりも18日、平年よりも7日遅い梅雨明けだそうだ。淡いライトオイスターの内装が涼しげなwebCG XFではあるが、エアコンは毎日フル稼働。燃費には厳しい季節である。

さて、6月の半ば(18日)に燃費計測を開始して、7月末までの44日間走った結果、webCG XFは8.8km/リッターという燃費を記録した。この値はいわゆる“満タン法”計測であり、走行距離(2031km)を消費したハイオクガソリンの量(230.4リッター)で単純に割って算出したものである。実際に走行した距離とメーターが表示する走行距離の誤差の修正(距離計誤差修正)を行えば、もう少し“締まった”値になってくるとは思うが、webCGは伝統的に誤差修正は行わず、燃費をあくまで「参考燃費」として表記してきた経緯がある。なので今回もそれに従っている。

webCG XFの走行パターンは、ざっと都内とその近郊の一般道が7割で、高速道路を使った遠乗りが3割といったところ。ドライブコンピューターの平均速度は、だいたい30km/h台の前半を示している。そういった条件で、この8.8km/リッターという値は優秀か、それとも平凡か? 筆者は、全長約5mで車重が1.7tを超えるラグジュアリーサルーンで、0-100km/h加速が7.0秒、最高速が248km/h(欧州仕様の参考値)という優れた動力性能を備えているクルマであることを考えれば、十分に優秀ではないかと思っている。

ちなみに、カタログに記された25tプレステージのJC08モード値は11.4km/リッターである。これまでいろいろなクルマを試乗して、燃費データをとってきた経験からすると、実燃費はJC08モード値の7割程度に落ち着くケースが多かった。11.4km/リッターの7割なら8.0km/リッター。まあ、だいたいこの辺りで安定してくるのだろうという読みは、リポート開始当初からあった。

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
ホームへ戻る