第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回)
2カ月間で3000kmを後にして思ったこと

2016.08.24 ジャガーXF長期試乗リポート
「XF」の特等席は運転席。箱根のワインディングロードでは全長5m級のサルーンらしからぬ軽やかなフットワークを披露する。
「XF」の特等席は運転席。箱根のワインディングロードでは全長5m級のサルーンらしからぬ軽やかなフットワークを披露する。 拡大

2カ月にわたってリポートしてきた「ジャガーXF」の長期試乗記も今回で最終回。3000kmあまりを後にして、われわれの手元に残ったXFの手応えは……。まずは燃費の報告から。

ACC作動時、ブレーキを踏んでシステムを解除しても、「RES」ボタンを押せば直前の車速に戻すことができる。
ACC作動時、ブレーキを踏んでシステムを解除しても、「RES」ボタンを押せば直前の車速に戻すことができる。 拡大
第5回のリポートでは8.8km/リッターだった燃費が、今回は9.2km/リッターまで上昇した。
第5回のリポートでは8.8km/リッターだった燃費が、今回は9.2km/リッターまで上昇した。 拡大
8段ATは、トップの8速で100km/h走行時に1700rpmを示す。Dレンジ固定だと約70km/hで8速にシフトするスケジュールなので、都内の一般道では出くわす機会があまりない。
8段ATは、トップの8速で100km/h走行時に1700rpmを示す。Dレンジ固定だと約70km/hで8速にシフトするスケジュールなので、都内の一般道では出くわす機会があまりない。 拡大

総平均は9.2km/リッター

その前に、一点だけ記事の訂正をさせていただきたい。第6回のリポートで、XFのアダプティブ・クルーズコントロール(ACC)について、ブレーキを踏んでシステムをいったん解除すると、復帰させたときに車速を設定し直さなければならないと紹介した。これは記事の担当者の勘違いで、正しくは、ステアリングホイールの右スポーク部にある「RES(レジューム)」ボタンを押せば、即座に直前の車速に戻るようになっている。ACCは運転支援システムの中でも日常的に使用する頻度が高い装備なので、この場を借りてまずは訂正しておきたい。失礼いたしました。

さて、最終回となる今回、最初に報告しておきたいのは燃費である。webCG XFは、詳しくは6月18日から8月16日までの60日間で3181km走行し、345.5リッターのハイオクガソリンを消費した。満タン法計測なら、2カ月3000kmの燃費(総平均)は9.2km/リッターとなった。ちなみに、リポート開始以来の通算燃費をトリップメーターB(XFのトリップメーターはAとBの2種類が表示できるようになっている)で計測しており、その数値は9.9km/リッターとなった。

XFには、今やジャガーのスタンダードとなった感のある8段ATが搭載されている。低速トルクに富むダウンサイジングターボエンジンの常で、8速のギアリングは比較的高く、100km/h時には1700rpmを示すにすぎない。高速道路の流れに乗って90~100km/hで走っていれば、わりと簡単に11km/リッター台を記録できるから、webCG XFも、もっと遠出の機会を増やせばトータルで10.0km/リッター台に乗ったのではないだろうか。タイムアップとなってしまったのがなんとも残念だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
  • マツダが「ロードスター」を一部改良 シルバーのソフトトップが目を引く特別仕様車も 2019.11.14 自動車ニュース マツダが「ロードスター」を一部改良。外装色に「ポリメタルグレーメタリック」を追加したほか、内装の仕様も変更した。またソフトトップ車にはRAYSの鍛造ホイールやブレンボ製ブレーキをオプション設定。シルバーのソフトトップが特徴の特別仕様車も設定した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
ホームへ戻る