第6回:ジャガーXFの“隠れた”魅力
先進装備でらくらくドライブ

2016.08.10 ジャガーXF長期試乗リポート
今回のテーマは「ジャガーXF」の先進装備について。長期リポート中、webCG編集部内で最もXFにお世話になっている編集部員ほったが語らせていただきます。
今回のテーマは「ジャガーXF」の先進装備について。長期リポート中、webCG編集部内で最もXFにお世話になっている編集部員ほったが語らせていただきます。 拡大

ここ数年で、マイカー購入における“重要検討項目”と捉えられるようになったのが、自動緊急ブレーキや自動クルコンといった運転支援システムの充実度。表立っては先進装備がアピールされていない「ジャガーXF」ですが、実は結構な実力の持ち主でした。

「ジャガーXF」にはミリ波レーダーやステレオカメラをセンサーに用いた、運転支援システムが標準装備されます。
「ジャガーXF」にはミリ波レーダーやステレオカメラをセンサーに用いた、運転支援システムが標準装備されます。 拡大
前走車追従機能付きクルーズコントロールの作動表示。色使いなど、シンプルですが分かりやすいデザインだと感じています。
前走車追従機能付きクルーズコントロールの作動表示。色使いなど、シンプルですが分かりやすいデザインだと感じています。 拡大
「XF」のクルーズコントロールは、車速0km/hまでの減速が可能。前走車が停車すれば、ドライバーがブレーキを踏まなくても停車するタイプのものです。リスタートの表示が“カタコト”っぽいのはご愛嬌ということで……。
「XF」のクルーズコントロールは、車速0km/hまでの減速が可能。前走車が停車すれば、ドライバーがブレーキを踏まなくても停車するタイプのものです。リスタートの表示が“カタコト”っぽいのはご愛嬌ということで……。 拡大
ステアリングホイールに備わるクルーズコントロールの操作スイッチ。増速、減速、前走車との車間の調整など、どのボタンがどの機能をつかさどっているのかがひと目で分かります。
ステアリングホイールに備わるクルーズコントロールの操作スイッチ。増速、減速、前走車との車間の調整など、どのボタンがどの機能をつかさどっているのかがひと目で分かります。 拡大

あるとうれしい先進装備

こうした長期連載でリポートを任されると、ついついどこかに観光に出掛けたり、おいしいものを食べに行ったりしてしまう自分。今回はそれではいけないと一念発起。ちょっと真面目にジャガーXFについて語らせていただきます。……いや、普段のリポートも真剣にやっていますよ。真剣にやっていますとも。

はてさて。「真面目にリポート」とはいえ、走り味やら乗り心地、燃費といった小難しいお話はすでに他のリポーターが書いていますし、今回は趣向を変えて、ここのところはやりの運転支援システムの話をば。

最近は、自動緊急ブレーキや前走車追従機能付きクルーズコントロールといった先進装備がクルマ選びの重要項目となっているようで、各社さんカタログでのアッピールに余念がありません。一方ジャガーはと見ると、このあたりの訴求がとっても控えめ。カタログを見返してみると、見開き2ページというそっけなさでした。じゃあ、XFにはそういうものが付いていないのかといえばさにあらず。満艦飾とまでは言わないまでも、この価格帯で欲しいと思われる装備については一通り網羅している感じです。

中でも恩恵を大きく感じるのは、やはり前走車追従機能付きクルーズコントロールでしょう。渋滞最後尾などでの完全停車まで対応しているので、うまくすれば高速道路を、一度もブレーキを踏まずに走ることだってできます。オススメはしませんけど。

実際に使ってみても、その制御に不安はなし。首都高速のトロトロ渋滞区間だって“システム任せ”で走ることができます。それに、ステアリングホイールに備わるコントローラーが大きくて使いやすく、スイッチの表示が分かりやすいのも◎。これ以上分かりやすくするには、「SET」や「RES」といった表示を日本語表記にするぐらいしか私には思いつきませんね。いや、その方がかえって分かりづらいか。

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
ホームへ戻る