メルセデスの「CLA」シリーズがマイナーチェンジ

2016.08.24 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCLA250シュポルト 4MATIC
「メルセデス・ベンツCLA250シュポルト 4MATIC」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年8月24日、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク」を発表。同日、販売を開始した。

CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク」のリアビュー。
「CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク」のリアビュー。 拡大
コックピットの様子。メーターの文字盤が変更されるとともに、赤い指針が採用された。
コックピットの様子。メーターの文字盤が変更されるとともに、赤い指針が採用された。 拡大
「CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク」の荷室。容量は495~1354リッター。
「CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク」の荷室。容量は495~1354リッター。 拡大
CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク
「CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク」 拡大
CLA180スポーツ」の1.6リッター直4ターボエンジン。
「CLA180スポーツ」の1.6リッター直4ターボエンジン。 拡大
ヘッドレスト一体型のシート。写真は「CLA180スポーツ」のもの。
ヘッドレスト一体型のシート。写真は「CLA180スポーツ」のもの。 拡大
CLA180スポーツ
「CLA180スポーツ」 拡大

■コツコツとアップデート

CLAは、エンジン横置きの「Aクラス」や「Bクラス」などと共通のプラットフォームを用いて開発された4ドアクーペで、CLAシューティングブレークはそのステーションワゴン版。今回のマイナーチェンジで、両モデルに共通するフロントマスクのロワグリルが、これまでの3分割から水平基調の新デザインになった。全車、走行状態や天候に応じて配光モードを自動的に切り替える「LEDパフォーマンスヘッドライト」を搭載。リアのテールパイプはバンパー一体型となり、リアコンビランプのデザインも変更された。
インテリアでは、8インチへと大型化されたワイドディスプレイが全車標準装備となったほか、視認性を向上させるべくメーターの一部に新たなデザインが盛り込まれた。

安全運転支援システムは、従来通り「レーダーセーフティパッケージ」(衝突被害軽減ブレーキ、ディストロニック・プラス、ブラインドスポットアシスト、レーンキーピングアシスト、プレセーフなどのパッケージ)が設定されており、ディストロニック・プラスの名称は、先ごろフルモデルチェンジした「Eクラス」と同じ「ディスタンスパイロット・ディストロニック」へと変更された。パーキングアシストリアビューカメラは、全モデル標準装備となっている。

新型CLA、CLAシューティングブレークは、全モデルがAppleのCarPlayに加えてGoogleのAndroid Autoに対応。スマートフォンのインターフェイスを車載ディスプレイに表示させ、操作することができるようになった。

4ドアクーペ、シューティングブレークともに、パワーユニットは3種類。「CLA180」の1.6リッター直4ターボ(最高出力122ps/5000rpm、最大トルク20.4kgm/1250-4000rpm)、「CLA250」の2リッター直4ターボ(同218ps/5500rpm、同35.7kgm/1200-4000rpm)、「メルセデスAMG CLA45」の2リッター直4ターボ(同381ps/6000rpm、同48.4kgm/2250-5000rpm)がラインナップされる。トランスミッションはこれまでと変わらず、いずれもデュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。

そのほか、CLA180には新たにコンフォートサスを採用。CLA180スポーツに比べ、ソフトな乗り心地を実現したという。

発表会では、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長があいさつに立ち、「(メルセデス・ベンツは)2016年上半期の販売台数で輸入車ナンバーワンになることができた。CLAをはじめとするNGCC(ニュー・ジェネレーション・コンパクト・カーズ)によって、後半も販売を加速させていきたい」などとコメントした。

CLAのラインナップと価格は、以下の通り。
・CLA180:379万円
・CLA180スポーツ:435万円
・CLA250シュポルト 4MATIC:579万円
・メルセデスAMG CLA45 4MATIC:773万円

CLAシューティングブレークは、CLAの16万円高となる。
・CLA180シューティングブレーク:395万円
・CLA180シューティングブレーク スポーツ:451万円
・CLA250シュポルト 4MATIC シューティングブレーク:595万円
・メルセデスAMG CLA45 4MATIC シューティングブレーク:789万円

(文=塩見 智/写真=webCG)

関連キーワード:
CLAクーペ, CLAシューティングブレーク, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA220d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【レビュー】 2019.6.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。
  • レクサスRC F/RC【試乗記】 2019.6.6 試乗記 パワフルなV8エンジンから足まわり、そして空力性能と、あらゆる点に改良が加えられた高性能スポーツクーペ「レクサスRC F」。最新型の到達点を確かめるべく「RC350」や「RC300h」とともに富士スピードウェイで試乗した。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.31 試乗記 トヨタが建設を進めている新たな研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」を舞台に、新型「スープラ」の3グレードを比較試乗。各モデルの特徴を探るとともに、「ニュルを模した」といわれるテストコースがこれからのクルマづくりにおいて担う役割に、思いをはせた。
ホームへ戻る