メルセデス、「GLC」のプラグインハイブリッドモデルを発売

2016.09.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ」
「メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月9日、ミドルクラスSUV「メルセデス・ベンツGLC」にプラグインハイブリッド車の「350e 4MATICスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。

今回のGLC350e 4MATICスポーツは、「S550eロング」「C350eアバンギャルド」に続く、メルセデス・ベンツにとって3車種目のプラグインハイブリッド車である。

パワーユニットは、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する2リッター直噴ターボエンジンと、最高出力116ps、最大トルク34.7kgmの電動モーターの組み合わせ。システム全体の最高出力は320ps(235kW)、最大トルクは57.1kgm(560Nm)となっている。

また、リチウムイオンバッテリーの容量は8.31kWhで、フル充電の状態から電気だけで30.1kmの距離を走ることが可能。フル充電に要する時間はAC200V電源で約4時間。走行モードで「CHARGE」を選んだ場合は1時間以内とされている。

デザインによる差別化も図っており、同グレードの特別装備として「Mercedes-Benz」のロゴ付きブルーブレーキキャリパーや「PLUG IN HYBRID」デザインのサイドバッジを採用。GLCのラインナップでは唯一の左ハンドル車で、右ハンドルの設定はない。

JC08モード計測によるエネルギー消費効率は13.9km/リッター。価格は863万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GLC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る