日本限定車「フィアット500ジェニオ」発売

2016.09.20 自動車ニュース
「フィアット500ジェニオ」
「フィアット500ジェニオ」 拡大

FCAジャパンは2016年9月17日、「フィアット500」の特別仕様車「Genio(ジェニオ)」を150台限定で発売した。

ダッシュボードは、「フィアット500」に関連するラフスケッチの柄でドレスアップされている。
ダッシュボードは、「フィアット500」に関連するラフスケッチの柄でドレスアップされている。 拡大
「500ジェニオ」専用のポルトローナ・フラウ製レザーシート。なおジェニオとは、イタリア語で「天才」のこと。
「500ジェニオ」専用のポルトローナ・フラウ製レザーシート。なおジェニオとは、イタリア語で「天才」のこと。 拡大
サイドビュー。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」のみ。
サイドビュー。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」のみ。 拡大
ホイールのセンターキャップ(写真)には、円周率が描きこまれている。
ホイールのセンターキャップ(写真)には、円周率が描きこまれている。 拡大

今回のフィアット500ジェニオは、FCAのデザイン部門であるチェントロスティーレが日本のためだけにデザインした特別な限定車。2016年が日本とイタリアの国交樹立150周年にあたることを記念して作られた。

ベースモデルは875ccの2気筒ターボエンジンを搭載する「フィアット500ツインエア ラウンジ」。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」と名付けられたメタリックグレーで、インテリアは限定モデルならではのブラック基調。専用のポルトローナ・フラウ製レザーシートが装着される。

さらに、ダッシュボード、Bピラーおよびキーケースは、現行フィアット500のデザイナーであるロベルト・ジョリートが黒板に描いたラフスケッチの柄でドレスアップ。
ミラーカバーはクローム仕立てで、限定車専用の16インチアロイホイールを装備。ホイールのセンターキャップには円周率が描かれる。

価格は271万7280円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
ホームへ戻る