日本限定車「フィアット500ジェニオ」発売

2016.09.20 自動車ニュース
「フィアット500ジェニオ」
「フィアット500ジェニオ」 拡大

FCAジャパンは2016年9月17日、「フィアット500」の特別仕様車「Genio(ジェニオ)」を150台限定で発売した。

ダッシュボードは、「フィアット500」に関連するラフスケッチの柄でドレスアップされている。
ダッシュボードは、「フィアット500」に関連するラフスケッチの柄でドレスアップされている。 拡大
「500ジェニオ」専用のポルトローナ・フラウ製レザーシート。なおジェニオとは、イタリア語で「天才」のこと。
「500ジェニオ」専用のポルトローナ・フラウ製レザーシート。なおジェニオとは、イタリア語で「天才」のこと。 拡大
サイドビュー。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」のみ。
サイドビュー。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」のみ。 拡大
ホイールのセンターキャップ(写真)には、円周率が描きこまれている。
ホイールのセンターキャップ(写真)には、円周率が描きこまれている。 拡大

今回のフィアット500ジェニオは、FCAのデザイン部門であるチェントロスティーレが日本のためだけにデザインした特別な限定車。2016年が日本とイタリアの国交樹立150周年にあたることを記念して作られた。

ベースモデルは875ccの2気筒ターボエンジンを搭載する「フィアット500ツインエア ラウンジ」。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」と名付けられたメタリックグレーで、インテリアは限定モデルならではのブラック基調。専用のポルトローナ・フラウ製レザーシートが装着される。

さらに、ダッシュボード、Bピラーおよびキーケースは、現行フィアット500のデザイナーであるロベルト・ジョリートが黒板に描いたラフスケッチの柄でドレスアップ。
ミラーカバーはクローム仕立てで、限定車専用の16インチアロイホイールを装備。ホイールのセンターキャップには円周率が描かれる。

価格は271万7280円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る