フェラーリ488GTB(前編)

2016.09.22 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「フェラーリ488GTB」である。670psの3.9リッターV8ツインターボユニットを搭載するミドシップフェラーリを谷口はどう評価するのだろうか?

フェラーリに再挑戦!

谷口信輝がフェラーリに試乗するのは、これが2回目。前回、「カリフォルニアT」に乗ったときは完全なウエットコンディションで、谷口は「怖い! 怖い!」を連発しながらも、「ドライのときに乗って、いつかこのクルマを手なずけたい」と口にしていた。

あれから数カ月を経て、再び谷口がフェラーリと対面するときがやってきた。今度の試乗車は488GTB。そして路面コンディションは、谷口が期待したとおりのドライである!

ところが、試乗を終えて488GTBのコックピットから降りた谷口の表情はうつろだった。

「こわーいよ、これ」
スーパーGTのGT300クラスでタイトルまで獲得し、ドリフト界でもその名を知らない者はないとされる谷口に恐怖を植え付けるとは、いったい488GTBはどんな振る舞いを見せたのか?

「だってもう、普通に走っているだけでも(トラクションコントロールやスタビリティーコントロールの作動を伝える)ランプがピカピカしているんだもん。だから絶対に『このクルマで攻めてやる!』なんて気持ちは起きませんよ」

つまり、谷口は“ドリドリ”で488GTBを走らせようとしたのか?
「いやいや、全然滑らせていませんよ! 滑らせていないけれど、ランプがチカチカつきっぱなしなんです!」

 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大
 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大
 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大
フェラーリ488GTB
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm/ホイールベース:2650mm/車重:1475kg(空車重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:670ps(492kW)/8000rpm/最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y (後)305/30ZR20 103Y/価格:3070万円
フェラーリ488GTB
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm/ホイールベース:2650mm/車重:1475kg(空車重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:670ps(492kW)/8000rpm/最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y (後)305/30ZR20 103Y/価格:3070万円 拡大
 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
488GTBフェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • BMW M2コンペティション/M5コンペティション【海外試乗記】 2018.8.23 試乗記 走り好きをうならせる“BMW M”のラインナップに、より動力性能を高めた2モデル「M2コンペティション」「M5コンペティション」が登場。標準モデルでも十分に高かったパフォーマンスはどのように進化したのか? その走りをスペイン・マラガから報告する。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
ホームへ戻る