フェラーリ488GTB(前編)

2016.09.22 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「フェラーリ488GTB」である。670psの3.9リッターV8ツインターボユニットを搭載するミドシップフェラーリを谷口はどう評価するのだろうか?

フェラーリに再挑戦!

谷口信輝がフェラーリに試乗するのは、これが2回目。前回、「カリフォルニアT」に乗ったときは完全なウエットコンディションで、谷口は「怖い! 怖い!」を連発しながらも、「ドライのときに乗って、いつかこのクルマを手なずけたい」と口にしていた。

あれから数カ月を経て、再び谷口がフェラーリと対面するときがやってきた。今度の試乗車は488GTB。そして路面コンディションは、谷口が期待したとおりのドライである!

ところが、試乗を終えて488GTBのコックピットから降りた谷口の表情はうつろだった。

「こわーいよ、これ」
スーパーGTのGT300クラスでタイトルまで獲得し、ドリフト界でもその名を知らない者はないとされる谷口に恐怖を植え付けるとは、いったい488GTBはどんな振る舞いを見せたのか?

「だってもう、普通に走っているだけでも(トラクションコントロールやスタビリティーコントロールの作動を伝える)ランプがピカピカしているんだもん。だから絶対に『このクルマで攻めてやる!』なんて気持ちは起きませんよ」

つまり、谷口は“ドリドリ”で488GTBを走らせようとしたのか?
「いやいや、全然滑らせていませんよ! 滑らせていないけれど、ランプがチカチカつきっぱなしなんです!」

 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大
 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大
 
フェラーリ488GTB(前編)の画像 拡大
フェラーリ488GTB
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm/ホイールベース:2650mm/車重:1475kg(空車重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:670ps(492kW)/8000rpm/最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y (後)305/30ZR20 103Y/価格:3070万円
フェラーリ488GTB
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm/ホイールベース:2650mm/車重:1475kg(空車重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:670ps(492kW)/8000rpm/最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y (後)305/30ZR20 103Y/価格:3070万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • 新型「レクサスNX」のデビューが2021年6月12日に決定 2021.6.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年6月2日、レクサスブランドのSUV「NX」の新型モデルを同年6月12日に世界初披露すると予告した。発表に先立って、テールゲートと思われるデザインの一部が公開されている。
ホームへ戻る