特別なボディーカラーをまとう「プジョー208」限定発売

2016.09.26 自動車ニュース
「プジョー208GTライン アイスエディション」
「プジョー208GTライン アイスエディション」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年9月26日、限定車「プジョー208GTライン アイスエディション」を発表。同日、販売を開始した。

今回の208GTライン アイスエディションは、その名の通り、「氷」のような塗装を施した限定車。装備の充実もセリングポイントとなっている。

ボディーカラーは「アイスホワイト」と「アイスシルバー」の2色をラインナップ。いずれも“テクスチャー塗装”と呼ばれるつや消しの特別塗装で、サテンカラーとマットカラー双方の特性を併せ持ち、光線の角度により色彩が微妙に変化して見えるのが特徴だ。

そのほか、主な特別装備は以下の通り。

【エクステリア】
・レッドPEUGEOTロゴ入りレッドアクセントフロントグリル
・GT Lineバッジ(フロント、フロントフェンダー、テールゲート)
・ペルラネラブラックドアミラー
・専用17インチアロイホイール
・クロームエキゾーストエンド

【インテリア(レッドアクセント)】
・TEPレザー&ファブリックのコンビネーションシート
・革巻き小径スポーツステアリングホイール
・7インチタッチスクリーン採用の「i-Cockpit」
・インナードアハンドル
・センターアームレスト

【安全装備】
・アクティブシティーブレーキ
・バックソナー

パワートレインは1.2リッター直3ターボエンジンと6段ATの組み合わせ。ハンドル位置は右のみとなる。

価格は259万円。240台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
ホームへ戻る