特別なボディーカラーをまとう「プジョー208」限定発売

2016.09.26 自動車ニュース
「プジョー208 GTライン アイスエディション」
「プジョー208 GTライン アイスエディション」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年9月26日、限定車「プジョー208 GTライン アイスエディション」を発表。同日、販売を開始した。

今回の208 GTライン アイスエディションは、その名の通り、「氷」のような塗装を施した限定車。装備の充実もセリングポイントとなっている。

ボディーカラーは「アイスホワイト」と「アイスシルバー」の2色をラインナップ。いずれも“テクスチャー塗装”と呼ばれるつや消しの特別塗装で、サテンカラーとマットカラー双方の特性を併せ持ち、光線の角度により色彩が微妙に変化して見えるのが特徴だ。

そのほか、主な特別装備は以下の通り。

【エクステリア】
・レッドPEUGEOTロゴ入りレッドアクセントフロントグリル
・GT Lineバッジ(フロント、フロントフェンダー、テールゲート)
・ペルラネラブラックドアミラー
・専用17インチアロイホイール
・クロームエキゾーストエンド

【インテリア(レッドアクセント)】
・TEPレザー&ファブリックのコンビネーションシート
・革巻き小径スポーツステアリングホイール
・7インチタッチスクリーン採用の「i-Cockpit」
・インナードアハンドル
・センターアームレスト

【安全装備】
・アクティブシティーブレーキ
・バックソナー

パワートレインは1.2リッター直3ターボエンジンと6段ATの組み合わせ。ハンドル位置は右のみとなる。

価格は259万円。240台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー7モデルの価格が変更 最大で6万5000円アップ 2021.9.7 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年9月7日、プジョーブランドの7モデル(「208」「e-208」「2008」「e-2008」「リフター」「3008」「5008」)について、車両本体価格を同年9月21日付で改定すると発表した。
ホームへ戻る