【パリモーターショー2016】新デザインのコンパクトSUV「BMWコンセプトX2」登場

2016.09.30 自動車ニュース
「BMWコンセプトX2」
「BMWコンセプトX2」 拡大

独BMWは2016年9月29日、パリモーターショー2016において、BMW SUVの新たなデザインを示唆するコンセプトモデル「BMWコンセプトX2」を初公開した。

 
【パリモーターショー2016】新デザインのコンパクトSUV「BMWコンセプトX2」登場の画像 拡大
 
【パリモーターショー2016】新デザインのコンパクトSUV「BMWコンセプトX2」登場の画像 拡大
 
【パリモーターショー2016】新デザインのコンパクトSUV「BMWコンセプトX2」登場の画像 拡大
(※画像をクリックすると「BMWコンセプトX2」の他イメージが見られます)
(※画像をクリックすると「BMWコンセプトX2」の他イメージが見られます) 拡大

コンセプトX2は、これまでの「Xモデル」とは異なるデザインアプローチで仕立てられた、コンパクトなSUV。ユーザーには、楽しみと実用性を兼ね備えるクルマを求める、アクティブなドライバーが想定されている。

全体的なスタイリングは2ボックスタイプで、全長に対して長くとられたホイールベースや21インチの大径アロイホイール、流麗なルーフラインが特徴とされる。ルミナスレッドと名付けられたボディーカラーも、スタイリッシュさを引き立てる要素のひとつだ。

フロントまわりは、中心部分にブルーの「X」が浮かび上がるヘッドランプや、そのランプよりも低くレイアウトされた大きなキドニーグリルなどで個性を主張。一方リアは、L字型のランプや大きなテールパイプが目を引く。下方の大きなクラッディングは、車体後部が浮き上がっているかのような印象を与えるとともに、ボディー上部をスリムに見せる効果があるという。

「コンセプトX2は、大胆なキャラクターを有するスポーティーなモデル。BMWブランドの、新たなデザインの可能性を広げる」と、BMWのデザイン部門統括責任者であるカリム・ハビブ氏はコメントしている。

(webCG)

→BMW X2の特集はこちら

関連キーワード:
X2, BMW, パリモーターショー2016, イベント, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 ミドルサイズのボルボエステート「V60」が初のフルモデルチェンジ。見た目のイメージを大きく変えた新型は、ダイナミックな走りと優れた実用性が体感できる、実力派のスポーツワゴンに仕上がっていた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る