マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入

2011.10.25 自動車ニュース

マツダ、日本に新型SUV「CX-5」のディーゼル車を投入

マツダは2011年10月25日、来春日本で発売予定の新型SUV「CX-5」について、クリーンディーゼルモデルをラインナップすると発表した。

「CX-5」は、今年9月のフランクフルトモーターショーでお披露目された、マツダの新型SUV。2012年初頭にはグローバルに発売される見通しだ。

パワーユニットは、大きく分けて直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」とディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の2種類。日本市場ではガソリン車が主流だが、このたび後者のディーゼル車も発売されることが明らかになった。

この「SKYACTIV-D 2.2」は、42.8kgm/2000rpmの豊かなトルクと、JC08モードで18.6km/リッター走れる燃費が自慢。ディーゼル車用に新開発されたアイドリングストップシステム(i-stop)も備わる。世界最速の0.40秒以内での再始動を実現したという。
他車が採用しているリーンNOx触媒や尿素SCRシステムを使わずに、日本の「ポスト新長期」や欧州の「Euro6」といった最も厳しい排ガス規制をクリアできる点も、技術的なアドバンテージとされている。

マツダによれば、「CX-5から日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入する」とのこと。したがって、クリーンディーゼルモデルのさらなるラインナップ拡大も予想される。

(webCG 関)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」 拡大

マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入の画像 拡大
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。 拡大

関連キーワード:
CX-5, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダ、一部改良で「CX-3」の装備を大幅に強化 2016.10.14 自動車ニュース マツダが「CX-3」を一部改良。運転支援システムを中心に装備や機能を大幅に強化した。同時に設定された「XDノーブル・ブラウン」は専用のインテリアを特徴とする特別仕様車で、ナッパレザーとバックスキン調皮革のコンビシートが装備されている。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
ホームへ戻る