「アウディA6」シリーズ、一部仕様変更でよりスポーティーに

2016.10.20 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」 拡大

アウディ ジャパンは2016年10月20日、「A6」および「A6アバント」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同じデザインのシングルフレームグリルが与えられる。
「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同じデザインのシングルフレームグリルが与えられる。 拡大

今回の仕様変更はエクステリアのリファインが中心。これまでオプション設定されていた「Sラインエクステリア」が標準装備となったことで、従来は一体型だったフロントバンパーのエアインレット部が3つに独立したほか、サイドシル部がより拡幅された。また、リアディフューザーのデザインを変更することで高級感の演出を図ったという。さらにオプションの「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同デザインのシングルフレームグリルを採用。エアインレット部も新デザインとなり、クロームの水平バーが備わる。

価格に変更はなく、以下の通りとなる。

A6 1.8 TFSI:628万円
A6 2.0 TFSIクワトロ:680万円
A6 3.0 TFSIクワトロ:888万円
A6アバント 1.8 TFSI:666万円
A6アバント 2.0 TFSIクワトロ:718万円
A6アバント 3.0 TFSIクワトロ:926万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
  • アウディA7スポーツバック55 TFSIクワトロ ファーストエディション(4WD/7AT)【試乗記】 2018.11.7 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのラグジュアリーモデル「A7スポーツバック」に試乗。燃費や安全性を高める先進のメカニズムが詰まった最新型は、しかし、自ら積極的にむちを当てたくなる走りの4ドアクーペだった。
ホームへ戻る