「アウディA6」シリーズ、一部仕様変更でよりスポーティーに

2016.10.20 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」 拡大

アウディ ジャパンは2016年10月20日、「A6」および「A6アバント」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同じデザインのシングルフレームグリルが与えられる。
「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同じデザインのシングルフレームグリルが与えられる。 拡大

今回の仕様変更はエクステリアのリファインが中心。これまでオプション設定されていた「Sラインエクステリア」が標準装備となったことで、従来は一体型だったフロントバンパーのエアインレット部が3つに独立したほか、サイドシル部がより拡幅された。また、リアディフューザーのデザインを変更することで高級感の演出を図ったという。さらにオプションの「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同デザインのシングルフレームグリルを採用。エアインレット部も新デザインとなり、クロームの水平バーが備わる。

価格に変更はなく、以下の通りとなる。

A6 1.8 TFSI:628万円
A6 2.0 TFSIクワトロ:680万円
A6 3.0 TFSIクワトロ:888万円
A6アバント 1.8 TFSI:666万円
A6アバント 2.0 TFSIクワトロ:718万円
A6アバント 3.0 TFSIクワトロ:926万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
ホームへ戻る