文字だけでは伝えきれない!
「ATSセダン」の姿を動画で紹介

2016.11.16 キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>
「キャデラックATSセダン」のエクステリア。よく見ると、なかなかに上品な意匠のクルマです。
「キャデラックATSセダン」のエクステリア。よく見ると、なかなかに上品な意匠のクルマです。拡大

編集部員の取材の相棒として、今日も軽快に走り回る「キャデラックATSセダン」。言葉では伝えきれないこのクルマの特徴を、いつもとは違う方法でお伝えします!

ベージュのインテリアに、ブラックやブロンズの装飾が映えます。
ベージュのインテリアに、ブラックやブロンズの装飾が映えます。拡大

今や希少な「上品で控えめなセダン」という存在

この長期リポートでは、デイリーユースで気づいたキャデラックATSセダンの使用感やドライブフィールを読者の皆さんに報告していますが、今回は趣向を変えて、このクルマのディテールを動画で紹介します。世界水準のクオリティーを手に入れたキャデラックの最新モデルの姿を、ぜひお楽しみください。

■「キャデラックATSセダン」(エクステリア)

(55秒)
 

■「キャデラックATSセダン」(インテリア)

(46秒)
 

……いかがだったでしょうか?

個人的には、「アメリカのクルマ」と聞いて一昔前に想像されたようなイメージとは趣を異にする、メリハリは利いているけど控えめで上品な、すてきなデザインだと思います。

ATSが編集部に来てひと月半ですが、付き合いを深めるに従って、「日欧含め世界中のクルマが主張重視・アピール度重視のデザイン路線を突き進んでいく中で、ちょっと貴重な存在だ」と思えてきました。

せわしない意匠や押し出し感の強い顔つきのクルマに対し、「なんか違うんだよなあ……」と感じているアナタ、ぜひ一度、キャデラックのショールームでATSや「CTS」をじっくり鑑賞してみてください。

(文=webCG/写真=webCG/動画=西藤)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
ホームへ戻る