ATSセダンは東へ西へ
来週のリポートをお楽しみに!

2016.10.19 キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>
webCGにやってきて早2週間。白い「キャデラックATSセダン」はすっかり編集部の一員になりました。
webCGにやってきて早2週間。白い「キャデラックATSセダン」はすっかり編集部の一員になりました。 拡大

webCGに「キャデラックATSセダン」がやってきてから2週間がたちました。毎日東へ西へ、編集部員の取材のお供として活躍中です!

スリーポインテッドスターでもなく、キドニーグリルでもなく、キャデラックリース! 何となく目立っているように思えるのは気のせい?

 


	スリーポインテッドスターでもなく、キドニーグリルでもなく、キャデラックリース! 何となく目立っているように思えるのは気のせい?

	 
	拡大

ん、もしかして目立っている?

全長4.7m、全幅1.8mのボディーは、従来のキャデラックのブランドイメージからするとかなりコンパクト。例えば、都内の取材でちょこっと走っては駐車場に止めて、といったせわしない乗り方でも、まったく苦にならない大きさです。

また、面白いのは、周りからさりげなく注目されている気がすること。「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」などに比べると見かける機会が少ないせいか、「へぇ、これキャデラックなんだ」と何回か声を掛けられました。

来週の長期試乗リポートのテーマは「ATSセダンと街乗り」の予定です。お楽しみに!

(webCG 竹下)

→公式サイトで詳しくみてみる

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を発表 湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備を多数採用 2020.2.12 自動車ニュース GMが新型「キャデラック・エスカレード」を発表。リアサスペンションを独立懸架とするなど、従来モデルから設計を全面刷新しており、湾曲型OLEDディスプレイやAKG製のオーディオシステムなど、自動車業界初の装備や先進技術を多数取り入れている。
ホームへ戻る