ATSセダンは東へ西へ
来週のリポートをお楽しみに!

2016.10.19 キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>
webCGにやってきて早2週間。白い「キャデラックATSセダン」はすっかり編集部の一員になりました。
webCGにやってきて早2週間。白い「キャデラックATSセダン」はすっかり編集部の一員になりました。 拡大

webCGに「キャデラックATSセダン」がやってきてから2週間がたちました。毎日東へ西へ、編集部員の取材のお供として活躍中です!

スリーポインテッドスターでもなく、キドニーグリルでもなく、キャデラックリース! 何となく目立っているように思えるのは気のせい?

 


	スリーポインテッドスターでもなく、キドニーグリルでもなく、キャデラックリース! 何となく目立っているように思えるのは気のせい?

	 
	拡大

ん、もしかして目立っている?

全長4.7m、全幅1.8mのボディーは、従来のキャデラックのブランドイメージからするとかなりコンパクト。例えば、都内の取材でちょこっと走っては駐車場に止めて、といったせわしない乗り方でも、まったく苦にならない大きさです。

また、面白いのは、周りからさりげなく注目されている気がすること。「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」などに比べると見かける機会が少ないせいか、「へぇ、これキャデラックなんだ」と何回か声を掛けられました。

来週の長期試乗リポートのテーマは「ATSセダンと街乗り」の予定です。お楽しみに!

(webCG 竹下)

→公式サイトで詳しくみてみる

キャデラック ATSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る