【東京オートサロン2017】トヨタ、GT3カテゴリーとWRCでの戦いに意欲

2017.01.13 自動車ニュース
GT3カテゴリーのレースを戦う、レクサスのニューマシン「RC F GT3」。
GT3カテゴリーのレースを戦う、レクサスのニューマシン「RC F GT3」。拡大

トヨタ自動車は2017年1月13日、「東京オートサロン2017」の会場でプレスカンファレンスを開催し、新たに開発したレーシングマシン「レクサスRC F GT3」を世界初公開した。

会場では、開発ドライバーの飯田 章と立川祐路が登壇。アンベールに臨んだ。
会場では、開発ドライバーの飯田 章と立川祐路が登壇。アンベールに臨んだ。拡大
こちらはTOYOYA GAZOO Racingブース。最も目立つ場所に、今季のWRCに参戦する「ヤリスWRC」が展示された。
こちらはTOYOYA GAZOO Racingブース。最も目立つ場所に、今季のWRCに参戦する「ヤリスWRC」が展示された。拡大
「ヤリスWRC」の後方には、「セリカ ツインカムターボ」をはじめとする往年のWRカー3台が並べられた。
「ヤリスWRC」の後方には、「セリカ ツインカムターボ」をはじめとする往年のWRカー3台が並べられた。拡大
「トヨタC-HR Racing」。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合83位で完走した。
「トヨタC-HR Racing」。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合83位で完走した。拡大

今年のトヨタは、TOYOYA GAZOO RacingとLEXUS GAZOO Racingのブースを併設。後者の“レクサス側”で、プレス向けのカンファレンスを行った。

一番の目玉は、高性能クーペ「レクサスRC F」をベースに開発したモータースポーツ専用マシン「RC F GT3」。会場では、開発ドライバーを務めた飯田 章と立川祐路の2人がアンベールを行った。2017年シーズンは、北米のIMSAウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップ(GTDクラス)に2台、日本のSUPER GT(GT300クラス)にも2台のRC F GT3がエントリーする予定で、トヨタとしても、これまで以上にカスタマースポーツの発展に力を注ぐという。

レクサスブースでは、このほかに、ヘイキ・コバライネンと平手晃平のドライブで2016年のSUPER GT(GT500クラス)を制したNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC Fや、2017年シーズンの同GT500クラスを戦うニューマシン「レクサスLC500」が出展された。

一方、TOYOYA GAZOO Racingのブースは、今シーズンの世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「ヤリスWRC」や、「セリカ ツインカムターボ」(1985年)、「セリカGT-Four」(1990年)など歴代WRカーを展示。久々の“WRC返り咲き”に対する意欲は感じられたものの、毎年恒例となっていた豊田章男社長のあいさつや、レーシングドライバーのトークショーは見られなかった。

WRマシン以外には、2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースを戦った「C-HR Racing」や、TOYOYA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの参戦車両「86 Racing」なども展示され、スポーツ色あふれるブースに華を添えた。

(webCG 関)

→トヨタ/レクサスブースの詳しい写真はこちら

関連キーワード:
RC F, C-HR, レクサス, トヨタ, 東京オートサロン2017, イベント, 自動車ニュース

レクサス RC F の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る