【東京オートサロン2017】トヨタ、GT3カテゴリーとWRCでの戦いに意欲

2017.01.13 自動車ニュース
GT3カテゴリーのレースを戦う、レクサスのニューマシン「RC F GT3」。
GT3カテゴリーのレースを戦う、レクサスのニューマシン「RC F GT3」。拡大

トヨタ自動車は2017年1月13日、「東京オートサロン2017」の会場でプレスカンファレンスを開催し、新たに開発したレーシングマシン「レクサスRC F GT3」を世界初公開した。

会場では、開発ドライバーの飯田 章と立川祐路が登壇。アンベールに臨んだ。
会場では、開発ドライバーの飯田 章と立川祐路が登壇。アンベールに臨んだ。拡大
こちらはTOYOYA GAZOO Racingブース。最も目立つ場所に、今季のWRCに参戦する「ヤリスWRC」が展示された。
こちらはTOYOYA GAZOO Racingブース。最も目立つ場所に、今季のWRCに参戦する「ヤリスWRC」が展示された。拡大
「ヤリスWRC」の後方には、「セリカ ツインカムターボ」をはじめとする往年のWRカー3台が並べられた。
「ヤリスWRC」の後方には、「セリカ ツインカムターボ」をはじめとする往年のWRカー3台が並べられた。拡大
「トヨタC-HR Racing」。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合83位で完走した。
「トヨタC-HR Racing」。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合83位で完走した。拡大

今年のトヨタは、TOYOYA GAZOO RacingとLEXUS GAZOO Racingのブースを併設。後者の“レクサス側”で、プレス向けのカンファレンスを行った。

一番の目玉は、高性能クーペ「レクサスRC F」をベースに開発したモータースポーツ専用マシン「RC F GT3」。会場では、開発ドライバーを務めた飯田 章と立川祐路の2人がアンベールを行った。2017年シーズンは、北米のIMSAウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップ(GTDクラス)に2台、日本のSUPER GT(GT300クラス)にも2台のRC F GT3がエントリーする予定で、トヨタとしても、これまで以上にカスタマースポーツの発展に力を注ぐという。

レクサスブースでは、このほかに、ヘイキ・コバライネンと平手晃平のドライブで2016年のSUPER GT(GT500クラス)を制したNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC Fや、2017年シーズンの同GT500クラスを戦うニューマシン「レクサスLC500」が出展された。

一方、TOYOYA GAZOO Racingのブースは、今シーズンの世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「ヤリスWRC」や、「セリカ ツインカムターボ」(1985年)、「セリカGT-Four」(1990年)など歴代WRカーを展示。久々の“WRC返り咲き”に対する意欲は感じられたものの、毎年恒例となっていた豊田章男社長のあいさつや、レーシングドライバーのトークショーは見られなかった。

WRマシン以外には、2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースを戦った「C-HR Racing」や、TOYOYA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの参戦車両「86 Racing」なども展示され、スポーツ色あふれるブースに華を添えた。

(webCG 関)

→トヨタ/レクサスブースの詳しい写真はこちら

関連キーワード:
RC F, C-HR, レクサス, トヨタ, 東京オートサロン2017, イベント, 自動車ニュース

レクサス RC F の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る