スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開

2017.02.03 自動車ニュース
2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車。
2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車。拡大

富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。

インテリアの様子。新デザインのステアリングホイールが採用されている。
インテリアの様子。新デザインのステアリングホイールが採用されている。拡大

エクステリアデザインを刷新

レガシィの2018年モデルでは、新デザインのヘッドライトとフロントグリル、抑揚のあるフロントバンパーを採用し、フロントフェイスを刷新。また、サスペンション設定の最適化などにより、乗り心地と操縦安定性の向上を図った。安全面では、ステアリング連動ヘッドランプの採用がトピックのひとつだ。

エクステリアは、新たなフロントフェイス以外にも、リアバンパーを、2トーン化してディフューザーを表現することで、よりスポーティーなイメージのものへと変更。新デザインの17インチアルミホイールや、新デザインのLEDターンランプ付きドアミラーも装備している。インテリアでは、フラットな大型センターパネルや、立体的でスポーティーなデザインの新型ステアリングホイールの採用が主なポイントである。

シャシーについては、サスペンションの設定や電動パワーステアリングの制御の最適化を実施したほか、ブレーキ特性やエンジンおよびCVT特性の変更も行い、操縦安定性や乗り心地、操作フィーリングの向上を図った。

このほか、ステアリング操作に合わせてヘッドライト光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドライトの採用や、後側方警戒支援システムのインジケーターランプを鏡面中からミラーサイドに移設。さらに、ランプを大きく光るように変更するなどして、安全性も高めている。

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る