【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開

2017.03.08 自動車ニュース
「アウディRS 5クーペ」
「アウディRS 5クーペ」拡大

独アウディは2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月19日まで)において、新型「RS 5クーペ」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開の画像拡大

新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載

RS 5クーペは、アウディがラインナップする4座のミドルクラスクーペ「A5クーペ」をベースに、同社のモータースポーツ活動や高性能モデルの開発を担うアウディスポーツ社が独自の改良を施した高性能モデルである。

今回の新型はRSシリーズの新しいデザインコンセプトのもとに開発された最初のモデルであり、ハニカム構造のエアインレットや、ベース車のものよりフラットで幅の広いシングルフレームグリル、「quattroブリスター」と呼ばれる張り出しの大きなブリスターフェンダーなどが特徴となっている。

エンジンは新開発の2.9リッターV6ツインターボで、最高出力は450ps。従来モデルを17.4kgm上まわる最大トルク61.2kgmを1900-5000rpmというエンジン回転域で発生する。これに組み合わされるトランスミッションは8段ティプトロニックで、駆動システムは前軸:後軸=40:60の比率で駆動力を配分するフルタイム4WD。オプションでリアスポーツディファレンシャルも用意されている。

サスペンションは、従来モデルではリアがトラペゾイダルリンク式(ダブルウイッシュボーン式)だったのに対し、新型では前後ともに5リンク式を採用。スポーティーな走行特性と俊敏なハンドリング、快適な乗り心地を同時に実現しているという。

また、新型では従来モデルより60kg軽い1655kgという車重も特徴で、オプションでさらなる軽量化と低重心化に貢献するカーボンファイバー製ルーフも用意されている。

これらの技術により、新型RS 5クーペは0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現。燃費も従来モデルから17%改善しており、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)計測値で8.7リッター/100km(約11.5km/リッター)と公称されている。

発売は、ドイツおよび他のヨーロッパ諸国において、2017年6月を予定。価格は8万0900ユーロ(約971万円)となる。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
RS 5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る