BMW Team StudieがSUPER GT 2017への参戦体制を発表

2017.04.06 自動車ニュース
写真左からチーム代表兼総監督の鈴木康昭氏、ドライバーを務めるヨルグ・ミューラー選手、荒 聖治選手。
写真左からチーム代表兼総監督の鈴木康昭氏、ドライバーを務めるヨルグ・ミューラー選手、荒 聖治選手。拡大

SUPER GT 2017(4月8日開幕)のGT300クラスにエントリーするBMW Team Studieの参戦体制発表会が2017年4月6日、東京・お台場のBMW GROUP Tokyo Bayで開催された。

鈴木康昭氏は、2017年モデルの「BMW M6 GT3」について「数多くの改良が入り、戦闘力がアップしている」と話した。
鈴木康昭氏は、2017年モデルの「BMW M6 GT3」について「数多くの改良が入り、戦闘力がアップしている」と話した。拡大
荒 聖治選手は、「こんにちは、世界の荒です」と登場し、会場の笑いを誘った。
荒 聖治選手は、「こんにちは、世界の荒です」と登場し、会場の笑いを誘った。拡大
フォトセッションにはチームスタッフも参加。黒いドレスの女性は、チームのレースクイーンであるミューズの3人。
フォトセッションにはチームスタッフも参加。黒いドレスの女性は、チームのレースクイーンであるミューズの3人。拡大
2017年シーズンを戦う「BMW M6 GT3」。細かな格子模様はカッティングシートの一枚貼りではなく、一本ずつ独立したものが貼り付けられている。
2017年シーズンを戦う「BMW M6 GT3」。細かな格子模様はカッティングシートの一枚貼りではなく、一本ずつ独立したものが貼り付けられている。拡大

BMWジャパンはBMW Team Studieに対し、2014~2016シーズンに続き、4年連続でコラボレーションパートナーとして包括的なサポートを行う。その内容は、ドイツのBMWモータースポーツのワークスドライバーであるヨルグ・ミューラー選手の起用、BMWモータースポーツからの、車体のカラーリングデザインの提供、車両購入にあたってのBMWジャパン・ファイナンスのファイナンスサービスの提供、技術サポートの提供など多岐にわたる。

今シーズンの参戦車両は、昨年と同様に、BMWの高性能市販モデル「BMW M6クーペ」をベースに開発された「BMW M6 GT3」。ドライバーには、上記のヨルグ・ミューラー選手と、ルマン24時間耐久レースで優勝経験を持つ荒 聖治選手が引き続き起用される。

発表会では、チーム代表にして総監督も務める鈴木康昭氏があいさつに立ち、「BMWさまをはじめ、多くのスポンサーの皆さまと、ファンの声援のおかげで、今年もエントリーすることができた。チームはこの4年間で表彰台に7度上がったが、優勝は一度もない。ただ、最大の目標は優勝ではなく、ポイントを積み重ねて今シーズンのチャンピオンを獲得すること」と力強く宣言した。

ドライバーの2人も今シーズンに向けての思いを語り、ヨルグ・ミューラー選手は「SUPER GTはレベルの高いレースで、簡単に勝つことはできない。しかしチャンスは必ずあるはずなので、全力をつくす」とし、一方の荒 聖治選手は、「個人的には早いうちにとにかく一度勝っておきたいという気持ちが強い。素晴らしいパートナー(ミューラー選手)に勝ち星をプレゼントしたい」と、それぞれの意欲をアピールした。

(webCG)

関連キーワード:
M6クーペ, BMW, モータースポーツ, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW M2コンペティション/M5コンペティション【海外試乗記】 2018.8.23 試乗記 走り好きをうならせる“BMW M”のラインナップに、より動力性能を高めた2モデル「M2コンペティション」「M5コンペティション」が登場。標準モデルでも十分に高かったパフォーマンスはどのように進化したのか? その走りをスペイン・マラガから報告する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る