【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー

2017.04.19 自動車ニュース
「レクサスNX300“Fスポーツ”」
「レクサスNX300“Fスポーツ”」拡大

トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。

 
【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビューの画像拡大
 
【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビューの画像拡大
 
【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビューの画像拡大
 
【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビューの画像拡大
 
【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビューの画像拡大

全方位的にリファイン

レクサスNXが世界初公開されたのは、2014年4月の北京モーターショー。それから3年がたち、マイナーチェンジモデルが発表された。

最新型NXでは、フロントバンパーをより鋭く低重心な造形としたほか、スピンドルグリルを「LX」や「RX」との共通性を持たせたレイヤー状のデザインに変更。三眼式LEDヘッドランプには超小型LEDランプユニットを採用し、シャープかつスポーティーな表情とした。一方、リアのコンビネーションランプは、L字を強調した新デザインのものに。車体側方に向かって流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンシグナルランプも新たに装備された。

インテリアは、ヘッドアップディスプレイと一体化したメーターフードや、10.3インチワイドディスプレイ、新型リモートタッチなどが見どころ。センタークラスターのスイッチの配置も、シンプルかつ機能的なものへと改められている。両手がふさがっている状態でもバックドアの開閉が可能になるキックオープン機能付きのパワーバックドアも採用。利便性の向上が図られた。

走行性能については、サスペンションのチューニングで車体のロール特性や操舵に対する応答性が改善されたほか、ショックアブソーバーを変更することで、乗り心地がより快適に。さらに、新たなAVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)を搭載することで操縦安定性・乗り心地を向上させたという。

あわせて、安全性能も強化。歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」や、車線の逸脱を防止する「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き)」などの先進安全装備をセットにした予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」が標準化された。

なお、今回のマイナーチェンジを機に、これまで「NX200t」とされていたターボエンジン搭載車の名称は「NX300」に変更される。

新型NXの日本での発売時期は、2017年の秋ごろになる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
NX, レクサス, モーターショー, 上海モーターショー2017, 自動車ニュース

レクサス NX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る