新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート

2017.05.08 自動車ニュース
新型「ランドローバー・ディスカバリー」
新型「ランドローバー・ディスカバリー」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。

 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像拡大

第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されており、アルミ製モノコックボディーを採用したことで従来型から最大360kgの軽量化を実現した点や、専用アプリを使用してスマートフォンからシートレイアウトの変更ができる「インテリジェントシートフォールド機能」の採用などを特徴とする。日本市場では新型の誕生を記念した限定30台の特別仕様車が先行販売されていたが、今回、新たにカタログモデルの注文受け付けが始まった。

ラインナップはベーシックグレードの「HSE」と、上級グレードの「HSEラグジュアリー」の2種類で、それぞれに、スーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンモデル(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と、3リッターV6ディーゼルターボモデル(同258ps、同600Nm)が用意される。

価格は以下の通り。

【ガソリンエンジン車】

  • HSE:779万円
  • HSEラグジュアリー:881万円

【ディーゼルエンジン車】

  • HSE:799万円
  • HSEラグジュアリー:901万円

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディフェンダー」が日本上陸 2019.10.31 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月31日、同年11月3日~5日まで新型「ランドローバー・ディフェンダー」を一般展示するイベント「ランドローバー ニュー ディフェンダー ポップアップ」を東京都渋谷区の代官山T-SITEで開催すると発表した。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • 現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場 2019.10.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。
ホームへ戻る