日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手

2017.05.22 自動車ニュース
「スカイラインGTS-R ETC出場車」
「スカイラインGTS-R ETC出場車」拡大

日産名車再生クラブは2017年5月20日、神奈川県厚木市の日産テクニカルセンターで「2017年度 再生クラブキックオフ式」を開催し、2017年度のレストア車として選んだ「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。

エンジンは専用チューニングが施された2リッター直6 DOHCの「R20DET-R」。400ps/7200rpmの最高出力と412Nm/6000rpmの最大トルクを発生した。
エンジンは専用チューニングが施された2リッター直6 DOHCの「R20DET-R」。400ps/7200rpmの最高出力と412Nm/6000rpmの最大トルクを発生した。拡大
ものものしいロールケージが張り巡らされたインテリア。軽量化のため、内装は剥取られている。
ものものしいロールケージが張り巡らされたインテリア。軽量化のため、内装は剥取られている。拡大
フロントフェンダーに描かれたアラン・グレイスとウィン・パーシーの名。これにアンデルス・オロフソンを加えた3人のドライバーで、スパ・フランコルシャンを戦った。
フロントフェンダーに描かれたアラン・グレイスとウィン・パーシーの名。これにアンデルス・オロフソンを加えた3人のドライバーで、スパ・フランコルシャンを戦った。拡大
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のリアビュー。
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のリアビュー。拡大
日産名車再生クラブの木賀新一代表。
日産名車再生クラブの木賀新一代表。拡大
現役当時の「スカイラインGTS-R ETC」に触れたことがあるという、日産OBの日置和夫氏。
現役当時の「スカイラインGTS-R ETC」に触れたことがあるという、日産OBの日置和夫氏。拡大
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のレストア作業は11月上旬に完了する予定。一般向けのお披露目は、今年も「NISMO FESTIVAL」で行われる。
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のレストア作業は11月上旬に完了する予定。一般向けのお披露目は、今年も「NISMO FESTIVAL」で行われる。拡大

2017年のレストア車は、世界に挑んだレーシングカー

「日産名車再生クラブ」は、日産テクニカルセンターの開発部門従業員を中心に結成された有志の団体で、毎年日産の歴史的名車のレストアを行い、動態保存が行える状態にまで仕上げている。レストア車は日産ヘリテージコレクション(座間記念庫)に保管されているものの中から選ばれるが、基本的には市販車をベースとしたモータースポーツ車両が対象となっている。これは、“ハコ車”ベースの競技車両は一品ものの部品が多いため。日常的にさまざまな試作部品を製作し、さらに各部門のスペシャリストがそろう自動車開発拠点である、日産テクニカルセンターの強みが最大限に生かせるためだ。

今年レストアを行う1988年スカイラインGTS-R ETC出場車は、1985年にデビューし、「R31」の愛称で親しまれた7代目スカイラインのワークスレーシングカーである。ベースとなったのは1987年に発売されたグループAレース用のホモロゲーションカー「スカイラインGTS-R」で、NISMOが欧州の活動拠点として英国に設立した「NME」によって製作された。

同車は、1988年のETCに、アラン・グレイス/ウィン・パーシー組で参戦。さらに世界3大耐久レースのひとつとして有名な「スパ・フランコルシャン24時間レース」に、アンデルス・オロフソン選手を加えた3人体制で参戦し、総合6位入賞を果たすなど、日産のモータースポーツ活動の歴史を語る上で欠かせない一台となっている。

日産名車再生クラブによれば、今回のレストア車にR31スカイラインが選ばれた理由は大きくふたつあるという。まず、今年(2017年)がスカイライン誕生の60周年、GTS-R生誕の30周年という節目の年にあたるため。そして、同車がワークスマシンとして世界に挑んだ初のスカイラインであるからだ。

日産名車再生クラブ代表を務める木賀新一氏は、「当時、このマシンがドニントンパークなど欧州のサーキットを駆けていたと想像すると、ワクワクする。サイドマフラーから放つ炎まで、きっちり再現しましょう」とコメントし、今年、レストアに参加するクラブ員たちの気持ちを盛り上げた。

当時を知る日産OBがエピソードを披露

キックオフ式には、日本モータースポーツ推進機構理事長であり、クラブの活動をサポートしている日産OBの日置和夫氏も出席。欧州で日産のモータースポーツ活動に従事していた日置氏は当時を振り返り、「1984年に誕生したNISMOの目標は、世界的なモータースポーツでの活躍であり、将来的にはルマンに参戦しようというものだった」「欧州でレースをするなら向こうにベースが必要だということで、1988年にNMEを設立。すぐにグループCの参戦体制を構築することは難しいことから、国内でグループAにデビューすることが決まっていたR31に白羽の矢がたち、NMEでレーシングカーを作り上げて、まずはETCに参戦した」と、欧州で未発売だったR31スカイラインによるETC参戦の秘話を明かした。また、日置氏は当時このマシンをドライブした経験もあり、「とても乗りやすいクルマだった」とその感想を述べた。

R31スカイラインのレストアは、社内公募で集められた日産自動車および関連会社の有志による、2017年度のクラブ員たちによって行われる。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指す。ファンへのお披露目とデモランは、今年も「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2017 Supported by MOTUL」(11月26日開催予定)で行われる予定だ。

(文と写真=大音安弘

→「スカイラインGTS-R ETC出場車」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
スカイライン, スカイラインクーペ, 日産, -->, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る