8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売

2017.06.13 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プレミアム」
「キャデラック・エスカレード プレミアム」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年6月13日、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」に一部改良を実施し、同年6月17日に発売すると発表した。

新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。
新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。拡大
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。拡大

今回の改良では、トランスミッションを従来の6段ATから8段ATに多段化。またセレクタブル4WDの走行モードにローレンジの「4WD Low」を追加し、オフロードでの走破性やけん引性能を向上させた。

シートレイアウトについても、日本仕様のエントリーグレード「プレミアム」を2列目ベンチシートの3列8人乗りに変更(従来モデルは7人乗り)。シートには2列目、3列目ともにパワーフォールディング機能を採用している。

このほかにも、縦列・並列駐車時のハンドル操作をアシストするオートマチックパーキングアシストや、通常のルームミラーの3倍の視野を確保するというカメラレンズウォッシャー付きリアカメラミラーを新たに搭載。プレミアムには新デザインの22インチ12スポークアルミホイールを採用した。

一方、上級グレードの「プラチナム」では、従来のRCAジャックに替えてHDMI/USBポートを採用したり、赤外線式ワイヤレスヘッドフォンを4チャンネルデジタル式のヘッドフォンに変更したりするなど、後席エンターテインメントシステムの改良を図っている。

価格はプレミアムが1260万円、プラチナムが1360万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
エスカレード, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック エスカレード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 2020.3.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月23日、新型「メルセデス・ベンツGLS」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。最新のGLSは、2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2019年4月のニューヨークモーターショーで初披露された。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • キャデラック・エスカレード(4WD/8AT)/XT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.7 試乗記 キャデラックがラインナップする2つのSUV……古式ゆかしきフルサイズモデル「エスカレード」と、モダンな世界戦略車「XT5クロスオーバー」に試乗。両モデルの出来栄えと、成長を続けるプレミアムブランド、キャデラックの現状をリポートする。
ホームへ戻る