8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売

2017.06.13 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プレミアム」
「キャデラック・エスカレード プレミアム」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年6月13日、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」に一部改良を実施し、同年6月17日に発売すると発表した。

新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。
新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。拡大
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。拡大

今回の改良では、トランスミッションを従来の6段ATから8段ATに多段化。またセレクタブル4WDの走行モードにローレンジの「4WD Low」を追加し、オフロードでの走破性やけん引性能を向上させた。

シートレイアウトについても、日本仕様のエントリーグレード「プレミアム」を2列目ベンチシートの3列8人乗りに変更(従来モデルは7人乗り)。シートには2列目、3列目ともにパワーフォールディング機能を採用している。

このほかにも、縦列・並列駐車時のハンドル操作をアシストするオートマチックパーキングアシストや、通常のルームミラーの3倍の視野を確保するというカメラレンズウォッシャー付きリアカメラミラーを新たに搭載。プレミアムには新デザインの22インチ12スポークアルミホイールを採用した。

一方、上級グレードの「プラチナム」では、従来のRCAジャックに替えてHDMI/USBポートを採用したり、赤外線式ワイヤレスヘッドフォンを4チャンネルデジタル式のヘッドフォンに変更したりするなど、後席エンターテインメントシステムの改良を図っている。

価格はプレミアムが1260万円、プラチナムが1360万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
エスカレード, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック エスカレード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(キャデラック) 2018.4.12 画像・写真 米ゼネラルモーターズはニューヨークモーターショー2018の会場に、新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」や、フラッグシップセダン「キャデラックCT6」の高性能モデル「V-SPORT」などを展示した。各車のディテールを写真で紹介する。
  • キャデラック・エスカレード(4WD/8AT)/XT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.7 試乗記 キャデラックがラインナップする2つのSUV……古式ゆかしきフルサイズモデル「エスカレード」と、モダンな世界戦略車「XT5クロスオーバー」に試乗。両モデルの出来栄えと、成長を続けるプレミアムブランド、キャデラックの現状をリポートする。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • 「キャデラックCT6」の2019年モデル登場 2019.5.28 自動車ニュース GMジャパンがキャデラックの最上級セダン「CT6」の2019年モデルを発売。内外装をコンセプトカー「エスカーラ」をモチーフとしたデザインに変更したほか、新たに10段ATや地図データの更新が不要な完全通信型ナビゲーションシステムなどを採用した。
  • ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション/V60クロスカントリーT5 AWDプロ【試乗記】 2019.7.15 試乗記 ボルボ車のパフォーマンスを高めるというディーラーオプション「ポールスターパフォーマンスソフトウエア」をご存じだろうか。新車装着のみならず、既販車への搭載も可能なこのシステムの効能を、装着車と非装着車を同時に試乗して確かめた。
ホームへ戻る