8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売

2017.06.13 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プレミアム」
「キャデラック・エスカレード プレミアム」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年6月13日、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」に一部改良を実施し、同年6月17日に発売すると発表した。

新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。
新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。拡大
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。拡大

今回の改良では、トランスミッションを従来の6段ATから8段ATに多段化。またセレクタブル4WDの走行モードにローレンジの「4WD Low」を追加し、オフロードでの走破性やけん引性能を向上させた。

シートレイアウトについても、日本仕様のエントリーグレード「プレミアム」を2列目ベンチシートの3列8人乗りに変更(従来モデルは7人乗り)。シートには2列目、3列目ともにパワーフォールディング機能を採用している。

このほかにも、縦列・並列駐車時のハンドル操作をアシストするオートマチックパーキングアシストや、通常のルームミラーの3倍の視野を確保するというカメラレンズウォッシャー付きリアカメラミラーを新たに搭載。プレミアムには新デザインの22インチ12スポークアルミホイールを採用した。

一方、上級グレードの「プラチナム」では、従来のRCAジャックに替えてHDMI/USBポートを採用したり、赤外線式ワイヤレスヘッドフォンを4チャンネルデジタル式のヘッドフォンに変更したりするなど、後席エンターテインメントシステムの改良を図っている。

価格はプレミアムが1260万円、プラチナムが1360万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
エスカレード, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック エスカレード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • キャデラックXT4スポーツ 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがコンパクトSUV「キャデラックXT4」を日本に導入。ダイナミックなボディーラインと高効率な車内空間が特徴で、各種先進装備に加え、後席や荷室の広さもセリングポイントとして挙げられている。ブランド初のコンパクトSUVを写真で紹介する。
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラック初のコンパクトSUV「XT4」が日本デビュー 3グレードをラインナップ 2021.1.15 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2021年1月15日、キャデラックブランド初のコンパクトSUV「XT4」を導入し、同年1月16日に発売すると発表した。同モデルは2018年3月に米国でデビューした新型車である。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
ホームへ戻る