8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売

2017.06.13 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プレミアム」
「キャデラック・エスカレード プレミアム」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年6月13日、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」に一部改良を実施し、同年6月17日に発売すると発表した。

新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。
新たに2列目ベンチシートが採用された「プレミアム」のインテリア。拡大
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。
「プラチナム」は2列目キャプテンシートの3列7人乗り。拡大

今回の改良では、トランスミッションを従来の6段ATから8段ATに多段化。またセレクタブル4WDの走行モードにローレンジの「4WD Low」を追加し、オフロードでの走破性やけん引性能を向上させた。

シートレイアウトについても、日本仕様のエントリーグレード「プレミアム」を2列目ベンチシートの3列8人乗りに変更(従来モデルは7人乗り)。シートには2列目、3列目ともにパワーフォールディング機能を採用している。

このほかにも、縦列・並列駐車時のハンドル操作をアシストするオートマチックパーキングアシストや、通常のルームミラーの3倍の視野を確保するというカメラレンズウォッシャー付きリアカメラミラーを新たに搭載。プレミアムには新デザインの22インチ12スポークアルミホイールを採用した。

一方、上級グレードの「プラチナム」では、従来のRCAジャックに替えてHDMI/USBポートを採用したり、赤外線式ワイヤレスヘッドフォンを4チャンネルデジタル式のヘッドフォンに変更したりするなど、後席エンターテインメントシステムの改良を図っている。

価格はプレミアムが1260万円、プラチナムが1360万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
エスカレード, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック エスカレード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」を発表 日本仕様は2021年冬に発表を予定 2021.8.18 自動車ニュース 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」の米国仕様を発表した。歴代モデルをオマージュした意匠のボディーに、最高出力405PSの3リッターV6ターボエンジンを搭載。9段ATに加えて6段MTも用意されるという。日本仕様は2021年冬に発表される予定だ。
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタが「アルファード/ヴェルファイア」を一部改良 装備を強化して機能性を向上 2021.4.28 自動車ニュース トヨタが、高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を一部改良。ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドアなどを全車標準装備とした。またアルファードには、「S」グレードをベースとした特別仕様車「S“TYPE GOLD II”」を設定している。
ホームへ戻る