新型「アウディRS 5クーペ」の国内受注がスタート

2017.06.21 自動車ニュース
「アウディRS 5クーペ」
「アウディRS 5クーペ」拡大

アウディ ジャパンは2017年6月21日、高性能クーペ「アウディRS 5クーペ」の新型を発表。同日、受注を開始した。納車開始は、同年9月下旬になる見込み。

 
新型「アウディRS 5クーペ」の国内受注がスタートの画像拡大
 
新型「アウディRS 5クーペ」の国内受注がスタートの画像拡大
 
新型「アウディRS 5クーペ」の国内受注がスタートの画像拡大

RS 5クーペは、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるアウディスポーツ社が開発した、「A5」シリーズのトップモデル。今回の新型は2代目にあたる。

高性能の要となるエンジンは、先代の自然吸気型4.2リッターV8 DOHCに代えて、新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生する。トランスミッションは、8段ATティプトロニックのみで、駆動方式は4WD。足まわりは前後とも5リンク式のサスペンションが採用されており、DRC(ダイナミックライドコントロール)付きの「スポーツサスペンションプラス」や、スイッチ操作で走行特性が変更できる「アウディドライブセレクト」も標準で備わる。

走行性能については、0-100km/h加速が3.9 秒、最高速度は280km/hと公表される。燃費は、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で100km走行あたり8.7リッター(約11.5km/リッター)である。

エクステリアは、quattroのロゴを配した専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用デザインの前後バンパー、リアディフューザーを装着。A5比で15mm拡幅されたブリスターフェンダーや、カラーベゼルを採用した標準装備のマトリクスLEDヘッドライトも、RS 5ならではの特徴となっている。

一方インテリアは、ダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシートや、アルミニウムレースアンスラサイトのデコラティブパネルなどがポイント。ナビゲーションシステムほかさまざまな情報を表示できる「アウディバーチャルコックピット」や、「アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付き自動ブレーキ)」などの先進安全装備も用意される。

価格は1257万円。ハンドル位置は左右が選べる。

(webCG)

関連キーワード:
RS 5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る