クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第48回:これは凄いぞ赤い玉号

2017.07.04 カーマニア人間国宝への道

公道グランプリ気分

「クオオオオオオオ~~~!!」

「328GTS」赤い玉号は、赤い火の玉となって国道246号線を爆走した! ように感じたが、実は速度は周囲のクルマ(トラックや軽など)と同じだった。

がしかしスピード感が違う! 地面に座布団を敷いて体育座りしているような着座位置の低さや、全域で響き渡るフェラーリサウンド、ウルトラ軽い謎のステアリングの相乗効果によって、フツーに走っているだけでも『サーキットの狼』の公道グランプリに出場してるかのようだ!

その脳内公道グランプリ気分を猛烈に高めるのが、レーシングパターンの5段マニュアルトランスミッションである。

ステンレス削り出しのシフトゲートへ、細身だがしっかりしたシフトレバーを勇ましくエンゲージし、「カチッ」という金属音を響かせるだけでもう、高貴なる芸術活動を行っている気分になる。なぜか自分がダ・ヴィンチやミケランジェロとお友達であるかのように感じられる!

このクルマが31年前に生産されたという、その年月の重みが、私の魂をルネッサンスの彼方(かなた)まで飛ばしてくれるのだろーか?

なんだかんだいって、31年前って結構昔じゃん。人間の感じ方なんていーかげんなもんで、31年前も500年前も「昔」には変わらん。昔のクルマ買ってヨカッタ~! 

「クオオオオ~」
「クオオオオ~」拡大
「クオオオオオ~」
「クオオオオオ~」拡大
「クオオオオオオ~」
「クオオオオオオ~」拡大
「クオオオオオオオ~!!」
「クオオオオオオオ~!!」拡大
フェラーリ 458イタリア の中古車

高貴なるワル感

先日まで乗っていた「458イタリア」や、その他ありとあらゆる現代のスーパーカーで、この退屈に流れる国道246号線を走ったところで、決して公道グランプリ気分は味わえない。ただひたすら宝の持ち腐れ、豚に真珠だ。

ところが赤い玉号はどうだ! この掃きだめのような交通状況を、芸術の如く感じさせてくれるのだ!

「凄(すご)い……。凄いぞ赤い玉号!」

この凄さの発生源は、なんといってもフェラーリ製3186cc V8エンジンの発する圧倒的なオーラである。具体的にどう凄いのかと問われれば、「高貴なるワル感」だと答えよう。

思えば28年前。新青梅街道にて池沢早人師先生のテスタロッサに震撼(しんかん)したのも、この「高貴なるワル感」だった。

とてつもなく高貴なのに、とんでもなくワル。お前のためなら死んでもいい! いや死なせてくれ! そう思わせるウルトラ美悪女。それがフェラーリ様なのである。

ただ、現代のクソ速いフェラーリ様は、こういう交通状況だと、特に悪女ではありません。快適な移動機械です。“女優に着ぐるみ”になっちゃいます。ところが赤い玉号くらい古いと、動いてるだけでビンビンに女王様! ひとり公道グランプリ!

ただ328の場合、ヨーロッパ仕様じゃないと高貴なるワル感はあんまり出ない。日本仕様やアメリカ仕様は、排ガス対策でカムのプロフィールが違う。しかもヨーロッパ仕様はノーマルで触媒レス。エンジンが別物なのです。最初に買った328が日本仕様だったので、その差はわかっております。

今回の赤い玉号も、色やボディータイプは何でもOKだけど、ヨーロッパ仕様にだけはこだわって、エノテンに探してもらいました。

この高貴なるワル感を見よ!
この高貴なるワル感を見よ!拡大
“赤い玉号”の軽すぎるステアリングホイール。なぜ軽いのかは謎である。
“赤い玉号”の軽すぎるステアリングホイール。なぜ軽いのかは謎である。拡大
「328GTS」(ヨーロッパ仕様)のフェラーリ製3186cc V8エンジンは、最高出力274ps、最大トルク304Nmを発生する。
「328GTS」(ヨーロッパ仕様)のフェラーリ製3186cc V8エンジンは、最高出力274ps、最大トルク304Nmを発生する。拡大
まさにひとり公道グランプリ! 「328GTS」はヨーロッパ仕様に限る!
まさにひとり公道グランプリ! 「328GTS」はヨーロッパ仕様に限る!拡大

快感と不安のシンフォニー

赤い玉号は横浜青葉インターから東名高速に乗り入れた。いよいよ328の真価が発揮される舞台だ。

「クワアアアアアエエエエエエ~~~~ン!」

V8サウンドは決して完璧なシンフォニーではない。もともとフェラーリのシングルプレーンクランクシャフトは、スムーズネスよりパワー重視のワイルドなビートを奏でる。

しかも328はエンジン横置き。排気管はまるで等長ではないから、アイドリングからボボボボと原始のリズムが吐き出される。

その微妙なズレが、回転を上げるにつれて美しいゆらぎとなり、βエンドルフィンがドバドバになるのだ!

加速車線でのフル加速。凄(すさ)まじい快感。軽いハンドルはますます軽くなり、インフォメーションは完璧に消失する。どこへ突っ走っていくのかわからない不安。快感と不安のシンフォニー。これはまさに死と隣り合わせの快楽!

「死ぬかも。でも死んでもいーや」

そう思いつつ、ギリギリのところで踏みとどまる理性。それが法定速度内で味わえる! 458イタリアじゃ死んでもムリ!

東名をただ走っているだけで、私の心拍数は180まで上がり、背筋に何度も悪寒じゃなかった電気が走った。そしてひとりごちた。

「すげえ……。これはすげえ―――っ!!」

思えば5年前、宇宙戦艦号を我が物にした時も、ほぼ同じ言葉をつぶやいたような気がするが、つまり人は行きつ戻りつ、似たようなことを繰り返すのですね!

ただひとつ大きな違和感は、私がこんなにシビれているのに、前を同じペースで走っているクルマが「ヴィッツ」だという事実だった。

(文=清水草一/写真=池之平昌信/編集=大沢 遼)

フル加速時には、死と隣り合わせの快楽が味わえる。
フル加速時には、死と隣り合わせの快楽が味わえる。拡大
クラシカルな雰囲気の4眼式メーター。中央には燃料計と水温計が縦に並ぶ。
クラシカルな雰囲気の4眼式メーター。中央には燃料計と水温計が縦に並ぶ。拡大
“赤い玉号”のタイヤサイズは205/55R16。ブリヂストンの「ポテンザ S001」を装着する。
“赤い玉号”のタイヤサイズは205/55R16。ブリヂストンの「ポテンザ S001」を装着する。拡大
“赤い玉号”は筆者にとって3台目の「フェラーリ328」となる。
“赤い玉号”は筆者にとって3台目の「フェラーリ328」となる。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ 458イタリア の中古車

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。