第167回:新型フィットは色がイイ

2020.03.17 カーマニア人間国宝への道

新型「フィット」に好印象

新型「フィット」は柴犬。柴犬といえば素朴で純朴な和犬。私はNHKの『小さな旅』とか『さわやか自然百景』といった純朴な番組が大好きで、中でも『新日本紀行』は冨田 勲のオープニング曲を聴いただけで目頭が熱くなるのだが、柴犬にはそんな懐かしいイメージがある。

そういったNHKの純朴な番組のファンである私は、自然、フィットに好感を持った。いまどき柴犬なんてうれしいじゃないか! 『新日本紀行』のデジタルリマスター再放送と同じくらいうれしい。

私は、先代フィットHVの7段DCTがとても好きだった。それが「e:HEV」にチェンジし、7段DCTが消えたのは残念ではあるが、新型は走りも含めかなりよかったです。ヤケにコーナリング性能が高くて、その分乗り心地は硬めだけど、視界がいいし室内は広いし燃費もいいしインテリアもいいし自動ブレーキもほぼ最先端だし、ふだんの足にちょうどいい!

考えてみれば、燃費が自慢の小型ハイブリッド車でヤケにコーナリングがいいというのは、以前乗っていた「アクア」に似ている。

アクア、ずっと「カッコ悪いな~」と思いながら乗ってたけど、飽きなかったんだよね。その第一の原因は、私が買った初期型アクアは重心が低くて足が固くて、ステアリングレスポンスがシャープだったから! これを言ってもあまり本気にしてもらえないのですが、「このシャープさは『フェラーリ458イタリア』にソックリだ!」と思っていた。両方のオーナーだった私が断言します。

ふだんの足は主に近所を走るわけなので、フル加速やフルブレーキング、限界コーナリングとは完璧に無縁なれど、フツーに曲がるとき反応よくスッと曲がってくれると、なんだかとっても気持ちいい。それで「カッコ悪いなぁ」と思いながらも、4年半アクアに乗り続けたのでした。

新型「ホンダ・フィット」の試乗会に出撃!(写真=池之平昌信)
新型「ホンダ・フィット」の試乗会に出撃!(写真=池之平昌信)拡大
新型「フィット」のフロントデザインは柴犬をモチーフとしている。
新型「フィット」のフロントデザインは柴犬をモチーフとしている。拡大
新型「フィット」には、1.3リッターの自然吸気ガソリンエンジンと、1.5リッター自然吸気ガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」(写真)の、2種類のパワーユニットが用意される。
新型「フィット」には、1.3リッターの自然吸気ガソリンエンジンと、1.5リッター自然吸気ガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」(写真)の、2種類のパワーユニットが用意される。拡大
新型「フィット」は、ヤケにコーナリング性能がいい!(写真=池之平昌信)
新型「フィット」は、ヤケにコーナリング性能がいい!(写真=池之平昌信)拡大
筆者のかつての愛車「トヨタ・アクア」。
筆者のかつての愛車「トヨタ・アクア」。拡大
筆者のかつての愛車「フェラーリ458イタリア」。
筆者のかつての愛車「フェラーリ458イタリア」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る