第216回:現代 近代 そして古代

2021.09.27 カーマニア人間国宝への道

すべてが宝石のよう

まだ残暑真っ盛りの夕方、知り合いのMから電話がかかってきた。

「いま近所にいるんですけど、ナローで行っていいですか」

ナローとはナローポルシェ、つまり初期型「911」のこと。彼がナローを持っているとは聞いていたが、その彼がナローに乗って突然やってきたのである。

正直私は、それほど猛烈な興味はなかったし、期待もしていなかったのだが、実物(1969年式の『911E』)を見て心底たまげた。

「なんじゃこのキレイさはあぁぁぁぁぁぁ~~~~~~!」

本人は、タバコのヤニで歯が真っ黒(5年前にやめたそうです)、みたいな男なのだが、クルマはとてつもなく美しい。これはまさにコンクールコンディション! クルマのコンクールなんか一度も行ったことないけど!

彼は自分と同い年のナローを探した末、1年違いで手を打って、数年前、つまりまだ高騰しまくる前に買ったという。

しかし私には、もっとダイレクトな思い出がある。6歳の時、今は亡き父がほとんど似たようなクルマに乗っていたのだ!

それは、1968年式の「ポルシェ911Sタルガ スポルトマチック」。911の「S」と推定したのは、当時父が「最高速は225km/hなんだワッハッハ!」と、知り合いに自慢しまくっていた記憶に基づくもので確証はないが、とにかくカタチはこれとソックリ! 色も似たような紺だった。ステキなホイール形状やバンパーのゴム部も、幼い記憶に焼きついたのとまったく同じ。6歳の自分には、911のサイドに回り込んだテールランプがものすごく大きく見えたものだが、今見ると実に小さい。すべてが宝石のようで目頭が熱くなる。

「乗っていいですよ」とMは言う。「今度、辰巳でオフ会やりましょう」

知り合いMのナローポルシェこと1969年式「911E」に、共通の友人Yの「フェラーリ458イタリア」とわが「328GTS」を加え、首都高辰巳PAを舞台にプチオフ会を開いた。
知り合いMのナローポルシェこと1969年式「911E」に、共通の友人Yの「フェラーリ458イタリア」とわが「328GTS」を加え、首都高辰巳PAを舞台にプチオフ会を開いた。拡大
わが家に突然やってきたMとその愛車の1969年式「ポルシェ911E」。空冷ポルシェが高騰する前に手に入れたという。とてつもなく美しいコンクールコンディションと呼べる個体であった。
わが家に突然やってきたMとその愛車の1969年式「ポルシェ911E」。空冷ポルシェが高騰する前に手に入れたという。とてつもなく美しいコンクールコンディションと呼べる個体であった。拡大
「911E」は1968年8月から1969年7月まで生産された。ちなみにMが所有するのは1969年3月14日生産のミツワ(当時の正規輸入元)もので、エンジンとトランスミッション、ボディーのシリアルナンバーが生産した時のデータと一致している、いわゆる“マッチング車両”なのだという。旧車の世界ではバイクも同様に、これらのナンバーがマッチングしているか否かが重要視される。
「911E」は1968年8月から1969年7月まで生産された。ちなみにMが所有するのは1969年3月14日生産のミツワ(当時の正規輸入元)もので、エンジンとトランスミッション、ボディーのシリアルナンバーが生産した時のデータと一致している、いわゆる“マッチング車両”なのだという。旧車の世界ではバイクも同様に、これらのナンバーがマッチングしているか否かが重要視される。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編) 2021.9.30 谷口信輝の新車試乗 最高出力650PS、価格は3000万円以上という「ポルシェ911ターボSカブリオレ」。ワインディングロードで対峙(たいじ)したレーシングドライバー谷口信輝は、この高性能スポーツカーにどんなことを思ったか?
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(後編) 2021.10.7 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝がワインディングロードで新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。圧倒的な高性能を誇る同モデルだが、クルマ好きに伝えておきたい気になる点もあるという。それは一体……?
ホームへ戻る