ホンダが北米向け新型「アコード」を発表

2017.07.18 自動車ニュース
北米向け新型「ホンダ・アコード」
北米向け新型「ホンダ・アコード」拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。

 
ホンダが北米向け新型「アコード」を発表の画像拡大
 
ホンダが北米向け新型「アコード」を発表の画像拡大
 
ホンダが北米向け新型「アコード」を発表の画像拡大
 
ホンダが北米向け新型「アコード」を発表の画像拡大

“新世代のミドルサイズセダン”を目指す

北米で通算10代目となる新型では、デザインやパッケージング、走行性能を刷新。最新のコネクティビティーと安全運転支援技術を搭載した新世代のミドルサイズセダンを目指して開発された。

エクステリアについては、ワイド&ローのプロポーションを採用。併せてフロントオーバーハングを短縮し、ボンネットを低めるなどして、スポーティーかつプレミアムなたたずまいを実現したとうたわれる。

室内空間では、ホイールベースの延長によって拡大された後席の足元スペースやボンネットを低めたことで得られた広い前方視界、さらにソフトタッチ素材の採用などによってもたらされた高い質感がセリングポイントとなる。

パワーユニットは1.5リッターと2リッターの2種類の直4ガソリンターボに加え、第3世代となるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」がラインナップされる。トランスミッションは1.5リッターにはCVTが、2リッターには新開発の10段ATが組み合わされる。さらに両ガソリンモデルとも「スポーツ」グレードには6段MT仕様も設定される。

安全運転支援システムについては、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや車線維持支援システム、標識認識機能などを含む「ホンダセンシング」が全車に標準装備となる。

なお、北米向けの新型アコードは、すべて米国・オハイオ州のメアリズビル工場で生産される。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
アコード, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • ホンダが自動運転レベル3に対応した「レジェンド」を2020年度内に発売 2020.11.11 自動車ニュース 本田技研工業は2020年11月11日、自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したと発表した。自動運行装置「トラフィックジャムパイロット」を搭載した「レジェンド」は2020年度内の発売を予定しているという。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
ホームへ戻る