第51回:幸運の女神には前髪しかない

2017.07.25 カーマニア人間国宝への道

フェラーリはお預け!

暑い。それにしても暑い。こう暑くちゃフェラーリなんか乗ってられん!

日本の夏は、フェラーリに適さない。エアコンが効く・効かないの問題ではない。たとえエアコンが効いたって、窓を閉めたらフェラーリサウンドがあまり聴こえない。その時点でもうフェラーリに乗る意味はほとんどなくなる。

よって私は、エアコンがビンビンに効いた「458イタリア」でも、夏はほとんど乗りませんでした。ましてや「328」なんか乗ってたまるか!

328にはエアコンではなくクーラー(ヒーターとは別に稼働する冷房装置)がついているが、その容量というか馬力? は実にささやかで、吹き出し口に手を当てれば確かに涼しい風は出るものの、ニッポンの夏にキャビン全体を冷やすなどまるで不可能。

それでも、日が落ちた夜なら大丈夫だろうと、辰巳パーキングに出撃してみました。行きは渋滞ゼロだったのでカイテキにフェラーリサウンドを満喫できたが、帰路は若干渋滞があり、そうすると水温もけっこう上がるし、外気はジメジメジトジトだし、フェラーリ様をいじめてるだけみたいなブルーな気分に。ゴメンナサイ赤い玉号

夏の首都高山手トンネルなんぞ論外だ。あの中は外気より10度近く高かったりするので、渋滞してたらそれこそ人車ともにお陀仏(だぶつ)の可能性がある。

とにかくこう暑くては、謎のメチャ軽ステアリングの原因究明も中断せざるを得ない。9月にまたお会いしましょう。バッハハ~イ。

あ~暑い、暑い。
あ~暑い、暑い。拡大
筆者が以前所有していた“宇宙戦艦号”こと「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
筆者が以前所有していた“宇宙戦艦号”こと「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者が現在所有する“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者が現在所有する“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
辰巳PAにて。軽すぎるステアリング問題についてはまた9月に!
辰巳PAにて。軽すぎるステアリング問題についてはまた9月に!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
ホームへ戻る