マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開

2017.07.25 自動車ニュース

マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーモデル「CX-8」の外観を一部公開した。

CX-8はマツダの国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなり、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。

デザインについては、「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもユーザーの感性を刺激し続ける先進性を目指し、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化。風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねたとされる。

マツダCX-8の諸元は以下の通り。

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4900×1840×1730mm
  • ホイールベース:2930mm
  • エンジン:SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
  • トランスミッション:SKYACTIV-DRIVE(6段AT)
  • 乗車定員:6名/7名

(webCG)

「マツダCX-8」
「マツダCX-8」拡大

関連キーワード:
CX-8, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
ホームへ戻る