ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場

2017.08.22 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

本革シートや電動ガラスサンルーフを標準装備

今回の仕様変更では、ベーシックグレードの「Tack(タック)」および充実した装備を誇る「Classic(クラシック)」グレードが追加設定された。

S60とV60の「D4タック」は本革シートをはじめ、助手席8ウェイパワーシートとフロントシートヒーター、12セグ地上デジタルTVを装備。「T3クラシック/D4クラシック/T5クラシック」ではこれらに加えて、「チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ」や18インチアルミホイール、「アーバンウッドパネル」などを装備している。

また、S60/V60では既存の「R-DESIGN」グレードにも、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフとLEDデイタイムランニングライトが標準装備とされた。

V60クロスカントリーにはクラシックのみが設定され、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフと18インチアルミホイールを装備する「D4クラシック」、ホイールが19インチとなる「AWD T5クラシック」の、新たに2グレード構成とされた。

ラインナップと価格は以下の通り。

【S60】

  • T3クラシック:454万円
  • D4タック:449万円
  • D4クラシック:479万円
  • D4 R-DESIGN:509万円
  • T5クラシック:499万円
  • T6 AWD R-DESIGN:614万円

【V60】

  • T3クラシック:474万円
  • D4タック:469万円
  • D4クラシック:499万円
  • D4 R-DESIGN:529万円
  • T5クラシック:519万円
  • T6 AWD R-DESIGN:634万円

【V60クロスカントリー】

  • D4クラシック:514万円
  • T5 AWDクラシック:549万円

(webCG)

写真左から「ボルボS60 T5クラシック」「V60クロスカントリーT5 AWDクラシック」「V60 T3クラシック」。
写真左から「ボルボS60 T5クラシック」「V60クロスカントリーT5 AWDクラシック」「V60 T3クラシック」。拡大

関連キーワード:
V60, V60クロスカントリー, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • 実力派ワゴン、新型「ボルボV60」の国内販売開始 2018.9.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年9月25日、フルモデルチェンジで2代目となったステーションワゴン「ボルボV60」の日本導入を発表した。ガソリンターボモデル「T5」は同日発売、プラグインハイブリッドモデルは2019年3月以降にデリバリーが開始される。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ビューティフル&ダイナミック!
    ボルボのデザインディレクターが新型「V60」を語る
    2018.9.28 デイリーコラム ハンサムなボルボのエステート、新型「V60」はどんな背景で開発されたのか? そのデザインを手がけたT.ジョン・メイヤー氏に、スタイリングの見どころやデザインにかける思いを聞いた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る