ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場

2017.08.22 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

本革シートや電動ガラスサンルーフを標準装備

今回の仕様変更では、ベーシックグレードの「Tack(タック)」および充実した装備を誇る「Classic(クラシック)」グレードが追加設定された。

S60とV60の「D4タック」は本革シートをはじめ、助手席8ウェイパワーシートとフロントシートヒーター、12セグ地上デジタルTVを装備。「T3クラシック/D4クラシック/T5クラシック」ではこれらに加えて、「チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ」や18インチアルミホイール、「アーバンウッドパネル」などを装備している。

また、S60/V60では既存の「R-DESIGN」グレードにも、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフとLEDデイタイムランニングライトが標準装備とされた。

V60クロスカントリーにはクラシックのみが設定され、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフと18インチアルミホイールを装備する「D4クラシック」、ホイールが19インチとなる「AWD T5クラシック」の、新たに2グレード構成とされた。

ラインナップと価格は以下の通り。

【S60】

  • T3クラシック:454万円
  • D4タック:449万円
  • D4クラシック:479万円
  • D4 R-DESIGN:509万円
  • T5クラシック:499万円
  • T6 AWD R-DESIGN:614万円

【V60】

  • T3クラシック:474万円
  • D4タック:469万円
  • D4クラシック:499万円
  • D4 R-DESIGN:529万円
  • T5クラシック:519万円
  • T6 AWD R-DESIGN:634万円

【V60クロスカントリー】

  • D4クラシック:514万円
  • T5 AWDクラシック:549万円

(webCG)

写真左から「ボルボS60 T5クラシック」「V60クロスカントリーT5 AWDクラシック」「V60 T3クラシック」。
写真左から「ボルボS60 T5クラシック」「V60クロスカントリーT5 AWDクラシック」「V60 T3クラシック」。拡大

関連キーワード:
V60, V60クロスカントリー, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
  • ボルボV90 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.27 試乗記 クリーンディーゼルを搭載するボルボの大型ワゴン「V90」で、600kmオーバーのロングドライブへ。そのステアリングを握った筆者の目には、家族や友人と過ごす豊かなライフスタイルのイメージが鮮やかに浮かんできた。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.14 試乗記 ガソリンモデルから遅れること数カ月。ボルボの主力モデル「V60」のプラグインハイブリッド車(PHV)がデビューした。ボルボの金看板ともいえるステーションワゴンと電動パワートレインとのマッチングを試す。
ホームへ戻る