ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)

2017.08.24 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「ポルシェ・パナメーラ ターボ」に試乗する。550psの4リッターV8ツインターボエンジンを積み、4WDと4WS(四輪操舵システム)を備えるスーパーサルーンを、谷口はどう評価するのだろうか?

リアの安定感がバツグンにいい

ポルシェ・パナメーラ ターボの試乗を終えた谷口信輝と、その様子をかたわらで見つめていたwebCGのスタッフT。今回もまずは2人の会話に耳を傾けてみよう。

スタッフT:なかなか迫力のあるエンジン音でしたよ。ポルシェというよりは、ちょっとアメ車を思わせるようなサウンドでしたが……。
谷口信輝(以下、谷口):フルルルルルゥっていう音だった?
スタッフT:そうですね、さすが550psって感じの音でした。

肝心の走りの印象はどうだったのか?
谷口:クルマとしては少し重い感じもしますが、やっぱりパワーがあるから加速はすごいですよね。あと、タイヤが頑張ってグリップしている感じがしました。結構いいタイヤがついているんじゃないですか?
スタッフT:えーと、「ピレリPゼロ」ですね。
谷口:あ、そう。そんなにすごいヤツじゃないんだ。でも、リアの安定感がバツグンにいいですね。まるでリアエンジンかって思うくらい、リアにしっかり荷重がかかっているみたいです。でもね……。
スタッフT:でも、なんですか?
谷口:なんかフロントが足らない感じなんですよ。
スタッフT:え? コーナーで頑張るとフロントがアウトに流れていっちゃう感じですか?
谷口:旋回中は、完全にフロントが負けちゃっている感じですね。

このパナメーラには、実は4WSのリアアクスルステアがついている。それで、低速域では回転半径を小さくするためにリアがフロントとは逆相、つまり反対向きに操舵して、ある程度以上スピードが出るとリアはフロントと同相、つまり同じ向きに操舵してリアのグリップレベルを高めているのだ。

スタッフT:だから、きっと谷口さんがいつもチェックしているUターン時の回転半径は小さかったはずなんですが、いかがでしたか?
谷口:まあ、いつも曲がっているところで切り返さずに曲がり切れたので、まずまず小さいとは思います。でも、ハンドルを右に切っているのにリアタイヤが左に切れるって、なんだかややこしいですね。

 
ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大
ポルシェ・パナメーラ ターボ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5049×1937×1427mm/ホイールベース:2950mm/車重:1995kg(DIN)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:550ps(404kW)/5750-6000rpm/最大トルク:770Nm(78.5kgm)/1960-4500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR21 (後)315/30ZR21/価格:2377万円
ポルシェ・パナメーラ ターボ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5049×1937×1427mm/ホイールベース:2950mm/車重:1995kg(DIN)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:550ps(404kW)/5750-6000rpm/最大トルク:770Nm(78.5kgm)/1960-4500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR21 (後)315/30ZR21/価格:2377万円拡大
 
ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ・カイエン クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.1 試乗記 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗。他ブランドではすでにおなじみとなっているデザインコンシャスなSUVだが、ポルシェの仕事を侮ってはいけない。外観だけでなく、走りの性能にも「カイエン」とは異なるクーペらしい味つけが施されているのだ。
ホームへ戻る