新デザインの「トヨタ・ランドクルーザープラド」発売

2017.09.12 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザープラド」。写真は最上級グレードの「TZ-G」。
「トヨタ・ランドクルーザープラド」。写真は最上級グレードの「TZ-G」。拡大

トヨタ自動車は2017年9月12日、マイナーチェンジしたSUV「ランドクルーザープラド」を発表。同日、販売を開始した。

フロントまわりは、新形状のグリルとヘッドランプで、これまで以上に力強さを感じさせるデザインに。
フロントまわりは、新形状のグリルとヘッドランプで、これまで以上に力強さを感じさせるデザインに。拡大
マイナーチェンジを機に、リアコンビランプの意匠も改められた。
マイナーチェンジを機に、リアコンビランプの意匠も改められた。拡大
インテリアの様子。センターコンソールを中心に、デザインが変更された。
インテリアの様子。センターコンソールを中心に、デザインが変更された。拡大
タブレットを思わせるデザインが採用されたセンターモニター。
タブレットを思わせるデザインが採用されたセンターモニター。拡大
「TZ-G」グレードには、切削光輝加工とダークグレーメタリック塗装が施された19インチアルミホイール(写真)が装着される。
「TZ-G」グレードには、切削光輝加工とダークグレーメタリック塗装が施された19インチアルミホイール(写真)が装着される。拡大
 
新デザインの「トヨタ・ランドクルーザープラド」発売の画像拡大

2009年9月にデビューした150系ランドクルーザープラドに、モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された。

エクステリアは、ボンネットを見切りのよい凹凸に富む形状としたほか、大型フロントグリルとヘッドランプをひとつながりにすることで力強さを演出。全車にLED式のヘッドランプを採用したほか、切削光輝加工とダークグレーメタリック塗装を施した19インチアルミホイールを新たに設定した。さらに、リアコンビネーションランプの形状を改め、リアガーニッシュの意匠を変更。より安定感のあるたたずまいを表現した。

インテリアについては、インストゥルメントパネルを中心に先進的なデザインを採用。センターコンソール最上部にあったエアコン吹き出し口の位置を下げて視認性を高めたほか、カーナビの画面をタブレット型の薄い形状とすることで新しさを強調した。センタークラスターやメーターパネルには金属調加飾を施し、質感を向上。ステアリングホイールも、握りやすさに配慮した新デザインのものに。また、専用の加飾を施すことでインストゥルメントパネルとの統一感を演出した。

走行性能に関わるものとしては、最上級グレード「TZ-G」に、トルセンLSDや、5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトが追加されている。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」や「ドライブスタートコントロール」が全車に標準装備されたのもセリングポイント。「ブラインドスポットモニター」も一部グレードにオプション設定された。

価格とラインナップは以下の通り。今回、ディーゼル車のグレード体系が見直され、TXの7人乗り仕様とTX“Lパッケージ”の5人乗り仕様(※印)が加えられた。

【ガソリン車】

  • TX(5人乗り):353万8080円
  • TX(7人乗り):369万2520円
  • TX“Lパッケージ”(5人乗り):404万7840円
  • TX“Lパッケージ”(7人乗り):420万2280円

【ディーゼル車】

  • TX(5人乗り):415万2600円
  • TX(7人乗り):430万7040円※
  • TX“Lパッケージ”(5人乗り):466万7760円※
  • TX“Lパッケージ”(7人乗り):482万2200円
  • TZ-G(7人乗り):536万3280円

ボディーカラーは、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」や「アバンギャルドブロンズメタリック」を含む全9色から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
ランドクルーザープラド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザープラド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • 全車が3列7人乗り仕様に 新型「メルセデス・ベンツGLE」発売 2019.6.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年6月19日、新型「メルセデス・ベンツGLE」を導入すると発表し、同日、注文受け付けを開始した。内外装デザインやパワートレインなどを刷新したほか、日本仕様では全車が3列目シートを搭載した7人乗りとなった。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ ピックアップ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.11.24 試乗記 10年ぶりの「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」復活に際し、「バン」と合わせてラインナップされたダブルキャブ ピックアップトラック。30年の歴史の中で、これが日本初導入となる「荷台付きのナナマル」の走りを試した。
ホームへ戻る